AGA(男性型脱毛症)を考察 対処方法は?

スマートフォンとは関係ない内容ですが、
昨今話題になっている内容であり
気になった為、色々と調べている内に
紹介ができればと思い記事にさせていただきました。

スポンサードサイト

AGA(男性型脱毛症)とは

AGA(エージーエー)とは、Androgenetic Alopecia の略で
日本語訳すると、男性型脱毛症となります。

要はハゲが進行した状態の事となり、薄毛とも言われており
外見の症状という事で
非常にデリケートな症状となります。

若くして禿げる事を若ハゲと言われており
悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

対処方法は?

現在主流の対処方法ですが、
・プロペシアやザガーロやロゲインやミノキシジルタブレット(錠剤)を服用する。
・ミノキシジルが配合されたリアップなどの育毛剤を塗布する。

などの大きく分けて
内服薬を飲むか
育毛剤を塗布するかの対処方法があるようです。

現在はスピロノラクトンや

また他にも薄毛や禿げの対処方法に
自毛植毛や増毛が挙げられております。

自毛植毛のメリットは
一般的に禿げにくい後頭部の髪の毛を
ハゲている箇所に移植するわけで
手っ取り早くまた禿げにくい箇所を産み出す事ができます。

日本皮膚科学会でもお墨付きの対処方法は?

日本皮膚科学会でも
男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版
発表されており、
その内容によりますと、
スクリーンショット (80)

フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)の内服や
ミノキシジル(リアップなど)の外用が
推奨度してはAと評価されていると判断ができます。

因みにB として推奨されているのは
アデノシンやLED および低出力レーザー照射や自毛植毛のようです。

なお、女性向けの決定的な対処法はまだ確立されていないようです。




早目の対処がおすすめ

そんなAGA(男性型脱毛症)ですが、
ある一定の段階まで進行してしまうと、
もう薬使っても効かないようになるらしいので、
早い段階で抑えるのは大切のようです。

そのためにも医者に判断してもらうのは大切だと思います。
処方された薬の方が強い効果がありますし、
相談された方がいいかもしれません。

ただ、薬は頭髪だけでなく、すべての箇所の毛に作用します。
副作用も処方された薬によって色々あると思いますので、
真剣に考えておられる方は、医師や薬剤師に聞いてみて欲しいと思います。

基本的に、薬は色んな意味で怖いんで、
なるべく使わない方がベストだというのは覚えて欲しく思います。
危険な薬を、なるべく安全に使ってもらうのがお医者さんや薬剤師の仕事だと思えますので。。


クーポンコード:RQ6GSNG5

<クーポンの利用条件>
■クーポンコードは8月1日〜11月30日に限り有効です。
■お1人1回限り (対象商品の複数注文可)有効です。
■使用には販売サイトへの会員登録が必要です。

先ずは医師に相談がベストかも

今回色々調べてみましたが、やはり病院に行かれるのがベストかもしれません。
中々、病院に行くのは色々とあってハードルが高いと思いますが、
だからと言って市販の薬で悩みを解消しようと思い、
利用をしてみても、市販の薬で、
思った効果を得るのは中々難しいように思います。

もともと作用が弱く、影響が小さいものが市販薬になるので・・・。
リアップは一類なんで効果はあると思いますが、
心臓への副作用が気になるのとリアップ使うなら
先ずは病院やクリニックに行きお医者さんに相談した方がいいかな?と思います。

自分に合う処方に関しては、それほど気にしなくてもいいと思います。
恐らく、必要だと判断されれば内服薬はプロペシアやザガーロが処方、
外用薬はロゲイン(ミノキシジル)が処方されると思います。

皆さまがご心配されている「自分に合う薬」って結構難しいんです。
悩む方それぞれの遺伝子によって、効果が高かったり副作用が出たりするんで、
今の医療技術では、薬を試して、どうなるか様子を見るしかできないのが現状のようです。

全てのDNAの解析はできるんですが、それを医療に反映するのにはまだまだ時間がかかりそうです。
少しずつできることが増えていっている感じですね。

そういう状況なので、薬が処方されたとしても、少ない量から処方が開始されて、先生は様子を見て判断されると思います。
多分、どっちかの薬が処方されれば、服用された方がAGAであれば、ほぼ間違いなく効果を実感できると思います。

ただ、AGA治療はお金がかかりますよね。
地元の病院でも処方のみしている医院がありますが
プロペシアが28錠で約8,000円と割高に感じます。

結局の所、薬をやめたら元に戻るので、長期的に続けないと意味がありません。
だから、生涯にわたって、薄毛の進行を遅くするという視点で、
病院に通われる方が通院が続けやすいのではないでしょうか?
40~50歳の間は、髪の量を維持をして、高齢になると副作用も怖くなってくるし、
その時の状況で継続するかどうかを判断してはどうでしょうか?
まだまだ手は出しにくいですが、
最近医療に出てきた、再生医療等製品も今後発展していくと思いますので、
そのあたりに期待しつつ、
現状維持して、人生全体のQOL=Quality of life いわゆる生活の質を上げるのがいいのでは?と考えました。

関連記事 スポンサードサイト

G.グリーンクリニック

アイランドタワークリニック

FUERS植毛センター

ゴリラクリニック

発毛・育毛ケアのリーブ21



個人輸入という方法もある

個人輸入に関しては、薬のリスクを考えると手を出すのは難しいところです。
ただ、お金の問題があるので、あくまで自己判断が推奨されます。

一応、個人輸入のリスクを厚生労働省が出しているので、お伝えしておきます。
https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iyakuhin/kojinyunyu/index.html
個人輸入や外国のサプリは、麻薬成分が入っていたり、
純度が低く不純物が多い可能性も高いので、
ホントに気を付けて欲しく思います。

他国の薬=個人輸入って思ってもらった方が良いと思います。

どこで買ったらいいの?アイドラッグストアー

個人輸入での育毛剤や内服薬やサプリの購入を考えておられるなら
代行を行い販売をされておられます、アイドラッグストアーがおすすめです。

前述の日本の病院ですと、
プロペシアが28錠で約8,000円ですが、
アイドラッグストアーならば
100錠で2,680円と約1/3となります。








どこで買ったらいいの?オーサカ堂

続いて紹介するのが同じく
個人輸入での育毛剤や内服やサプリの購入を考えておられるなら
代行を行い販売をされておられるオーサカ堂もおすすめです。

前述の日本の病院ですと、
プロペシアが28錠で約8,000円ですが、
アイドラッグストアーならば
100錠で2,826円と約1/3となります。

また、膨大な量の種類の商品を取り扱っておられるので
選別するのに大変ではありますが、
きっと自分にあった商品が見つかるかと思われます。

他国の薬=個人輸入の問題点は?

個人輸入の問題点は、日本人向けに臨床試験を行ったものではないということも一つあるんです。
例えばアメリカ人で臨床試験を行って、
ある一定の基準により認可されていたとしても、
それが日本人に合っているかどうかというのは、わからないものなのです。
それぞれの方の遺伝子にあっているか
どうかはわからないといったことと同じで、
僕たちの体に無数にある酵素が人それぞれで違うのは遺伝子のせいなんです。

酵素には、薬を無毒化したり活性化したりする酵素があります。
例えば、日本人がアルコールに弱いといわれているのは
ある酵素が弱いせいで、日本人の50%は弱い酵素を遺伝子でもっているんです。
それに対してアメリカ人は90%以上の人が、強い酵素を遺伝子でもっているんですね。
これが薬で考えてみると、例えアメリカ人で問題なかったとしても、
日本人で問題が生じる可能性があるんです。
薬にはどんな薬にも大小、必ず副作用があり、
それを知った上で、デメリットよりも、病気に対するメリットが大きいから薬を使うんです。

特に小さい副作用は表面に出てこないから注意されないだけで、
身体の中で何かしらの作用を起こしている可能性があります。
これが、酵素が違うだけでさらに大きな影響を与えていることもありうるんです。
例え同じ成分であったとしても、その中に含まれている添加物や製法が異なるだけで、
僕たちの体の中での影響は大きく異なります。

現在、多くの方が個人輸入している人が多いから、
恐らく大丈夫だとは思いますが、どんな副作用が出たとしてもそれは自己責任であるというのは、
こういった理由があるからなんです。

それに承認された医薬品であったとしても、
厳しく再審査や再評価が行われ、本当に品質、有効性、安全性があるかどうかが常に検証されています。
薬は本当に怖いんで、気を付けてください。

色々と考えた上で、個人輸入はリスクがありますので、
慎重に行ってほしく思います。



スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です