iphone7にはデュアルスピーカー、デュアルレンズカメラ、A10チップ搭載か?

海外のサイトでありますMac Rumorsが 気になるiphone7の新機能や搭載される部品についてのまとめを
していたので、記事にしたいと思います。

はじめに

Mac RumorsがiPhone7のサプライヤー情報からのiPhone7の新機能についての噂をまとめていました。

まず、AppleのチップサプライヤーのCirrus LogicとAnalog Devices(ADI)がiPhone7用のチップの生産設備の確保に動き始めたようです。
2016年9月の販売開始に向け、実際の生産は第2Qと第3Qが想定されています。

デュアルスピーカー

BarclaysのアナリストはiPhone7が米国Austin州のCirrus Logicが供給するデュアルスピーカーを搭載すると言っています。

2番目のスピーカーは現在のヘッドフォンジャックがある場所へ搭載されるものと予測されています。
複数のソースが次期iPhoneからはヘッドフォンジャックが無くなると報じていて、
その代わりに新しいライトニングコネクターが充電や周辺機器接続だけでなく音声出力も兼ねるものと考えられています。

新しくBluetoothヘッドフォン対応もサポートされて、また有線接続のためのアダプダーも

使用可能で今まで通り有線接続のヘッドフォンを使うこともできるものと見込まれています。

デュアルレンズカメラ

また、iPhone7とiPhone7プラスにはデュアルレンズカメラが搭載されると予測されていて、
ADIのドライバーが使用されるものと報じられています。

関連記事 スポンサードサイト

このデュアルレンズカメラで使用されるLinXテクノロジーによって、
カメラの搭載面積を小さくすることができ、
同時に今のiPhoneにあった端末の段差を無くしてスリムにすることができるとのことです。

A10チップ

レポートは、iPhone7用の次期A10チップの生産が、いままでのサムソンと台湾TSMCの共同生産体制から、
TSMCの単独生産体制に移行されることも伝えています。

TSMCではすでにこの次期A10チップに使われる16mm FinFET構造のチップの生産体制強化に動いていて、

TSMCの独自技術のInFOテクノロジーを採用したチップが2016年の第2Qより本格生産されるとのことです。

iPhone6SとiPhone6SプラスのA9チップの時はSamsungの14ナノメーターチップと
TSMCの16ナノメーターチップの混在が指摘されていて、バッテリー持続時間の差で当たりはずれと騒がれ、
Appleからは現実的な使用環境では両者で2%から3%程度の差しかないとの公式発表があったりしたのがまだ記憶に新しいところですね。

その他の噂としては、完全防水仕様、後部アンテナバンド無しのデザインやワイヤレス充電の搭載の可能性が噂されています。
どの情報もうれしくなる情報ばかりですね。

参照元ソース:macrumors

スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です