docomo 月々サポートが最大3510円のMNP特別割引!狙い目の機種・容量は?

NTTドコモがMNP優遇の施策キャンペーンである
MNP契約者でiphone6s/6splusシリーズ購入者に限り
2016/4/28から月々サポート増額キャンペーンをしていましたが
2016/7/31まで延長しておりましたが
またまた2016/8/31まで延長したようです。

これだけ高いと実質負担価格も安く抑えられるのがうれしいですね。

MNP特別割引とは

対象機種をMNP契約した場合
月々サポートを12960円(税込)増額してくれる
docomoのお得なキャンペーンです。

対象機種はiphone6s/6splusシリーズの中でも
iphone6s 16GB以外の機種です。
やはり各キャリアのiphone販売を重視しているのが
伺えます。

増額してどれだけお得になるの?

計算表を作成して計算してみました。

iphone6sのMNP特別割引適用の端末価格

シェアパック10~30、データM・Lパック契約中の場合
iphone6s 16GB 64GB 128GB
端末価格(税込) ¥93,312 ¥99,792 ¥99,792
分割支払い金(24回払い) ¥3,888 ¥4,158 ¥4,158
月々サポート(24回) ¥3,240 ¥3,510 ¥2,970
月々サポート総額 ¥77,760 ¥84,240 ¥71,280
実質負担金 ¥15,552 ¥15,552 ¥28,512
月々の実質負担金(24回) ¥648 ¥648 ¥1,188
シェアパック5、データSパック契約中の場合
iphone6s 16GB 64GB 128GB
端末価格(税込) ¥93,312 ¥99,792 ¥99,792
分割支払い金(24回払い) ¥3,888 ¥4,158 ¥4,158
月々サポート(24回) ¥2,808 ¥3,078 ¥2,538
月々サポート総額 ¥67,392 ¥73,872 ¥60,912
実質負担金 ¥25,920 ¥25,920 ¥38,880
月々の実質負担金(24回) ¥1,080 ¥1,080 ¥1,620

関連記事 スポンサードサイト

iphone6s plusのMNP特別割引適用の端末価格

シェアパック10~30、データM・Lパック契約中の場合
iphone6s plus 16GB 64GB 128GB
端末価格(税込) ¥99,792 ¥99,792 ¥99,792
分割支払い金(24回払い) ¥4,158 ¥4,158 ¥4,158
月々サポート(24回) ¥3,510 ¥2,970 ¥2,430
月々サポート総額 ¥84,240 ¥71,280 ¥58,320
実質負担金 ¥15,552 ¥28,512 ¥41,472
月々の実質負担金(24回) ¥648 ¥1,188 ¥1,728
シェアパック5、データSパック契約中の場合
iphone6s plus 16GB 64GB 128GB
端末価格(税込) ¥99,792 ¥99,792 ¥99,792
分割支払い金(24回払い) ¥4,158 ¥4,158 ¥4,158
月々サポート(24回) ¥3,078 ¥2,538 ¥1,998
月々サポート総額 ¥73,872 ¥60,912 ¥47,952
実質負担金 ¥25,920 ¥38,880 ¥51,840
月々の実質負担金(24回) ¥1,080 ¥1,620 ¥2,160

狙い目の機種・容量は?

やはりiphone6s 64GBにiphone6s plus16GBでしょう。

少しわかりづらいかもしれませんが
表の緑色の文字にして、下線を引いているのですが
iphone6s 16GBとiphone6s 64GBにiphone6s plus16GBの
実質負担額が一緒となっておりますので
iphone6s 64GBにiphone6s plus16GBを選択するのがお得だというわけです。

シェアパック10~30、データM・Lパック契約中の場合で例に出すと
実質負担額が15552円(税込)となっていますね。

シェアパック5、データSパック契約中の場合ですと
実質負担額が25920円(税込)ですね。

どういうこと?

これはiphone6s 16GB以外が
MNP特別割引で月々サポートが増額しているわけです。
タイトルで紹介しているので当たり前ですね。

なぜにiphone6s 16GBを増額しなかったのは
増額してしまうと携帯乞食が殺到するからでしょうか?
殺到することにより高額月々サポート回線を組み合わせて
また格安運用をされてしまうことを懸念していたかもしれません。

しかしながら携帯乞食の方で今特価BLでない人は
ほぼ皆無なので間違った説かもしれませんね。

実質0円にすることも可能!

7月のキャンペーンですと
家族まとめて割で5184円(税込)の割引や
下取りプログラムの活用で最大30000円もの割引も可能です。
これらのお得な端末価格を値引きしてくれるキャンペーンを
併用することができれば、実質0円以下にすることも可能です。

auやsoftbankやワイモバイルやMVNO回線を契約中で
NTTドコモにMNP(乗りかえ)をしたいと思っている方は
是非、検討してみては良いかなと思います。

一括0円で購入できれば格安運用も可能

先程も述べましたが、一括0円で購入できれば
非常に高い最大3510円もの月々サポートで
格安運用も可能なわけです。
ドコモはファミリー割引グループ回線が最大20回線までと
なぜか携帯乞食に優しい、規約となっております。

シェアパックに高額月々サポート回線を組み合わせれば
3円運用も可能です。
しかしながら、そろそろ次期iphone7が出てくるとなると
端末購入サポート入りして一括0円で月々サポートを大幅減額して
投げ売りする可能性もありますので
今後どうなるかは気になるところですね。

2016年8月も延長!

更新ができていなかったのですが
2016/8/31まで再延長がされております。
しかしながら一体いつまで続けるのかも不明なところです。
さすがに端末購入サポート入りしそうな気もするのですが・・
因みに去年の8月中旬に、iPhone6は端末購入サポート入りしました。
iPhone6sの方はどうなのでしょうか?

また、今ならMNP特別割引(シェアパック5)も行っているので
シェアパックの容量は気にせず、高額月々サポートの額面を
手に入れることができます。
ドコモオンライショップでも一括特価はありませんが
販売はしておられますので、検討してみても良いかもしれませんね

初回投稿日:2016/7/3

スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です