au ソフトバンク NTTドコモ Y!mobile(ワイモバイル) ユニバーサルサービス料 まとめ 現在の価格は?

この記事では、携帯電話回線を契約したなら
必ず毎月請求される、ユニバーサルサービス料金
についてまとめていきたいと思います。

ユニバーサルサービス料によって
毎月必ず数円が請求されますよね。

随時発表されたら更新していきますので
見守っていただければ幸いです。

cut60_thankyou-1200x630

スポンサードサイト

ユニバーサルサービス料とは

TCA(電気通信事業者協会)の
公式ページによりますと、以下の通りです。

電話のユニバーサルサービスとは、日本全国で提供されている加入電話、公衆電話、緊急通報(110番・118番・119番)の電話サービスです。 電話会社約30社が協力して必要な費用を負担する「ユニバーサルサービス制度」が平成18年度にスタートしました。
なお、平成23年4月の改正により、加入電話に相当する光IP電話についても新たにユニバーサルサービスの対象となりました。

要は、緊急通報(110番・118番・119番)を
家庭の添え置き電話機や、携帯電話・スマートフォンや
公衆電話から無料で電話ができるように

電話会社約30社の契約者の方々が
ユニバーサルサービス料として支払い
維持していきましょう。
といった運用の事ですね。

ユニバーサルサービス料の価格推移は?

こちらもTCA(電気通信事業者協会)の
公式ページに番号単価と称して
ユニバーサルサービス料の価格の発表履歴が
記載されております。

確認できるのは、2007年(平成19年)1月からですが
表にしてまとめてみましたので
記載しておきます。

関連記事 スポンサードサイト
期間 ユニバーサル
サービス料
2007年1月~6月
(平成19年)
7円/月
2007年7月~12月
(平成19年)
7円/月
2008年1月~6月
(平成20年)
6円/月
2008年7月
(平成20年)
~2009年1月
(平成21年)
6円/月
2009年2月~6月
(平成21年)
8円/月
2009年7月
(平成21年)
~2010年1月
(平成22年)
8円/月
2010年2月~6月
(平成22年)
8円/月
2010年7月
(平成22年)
~2011年1月
(平成23年)
8円/月
2011年2月~6月
(平成23年)
7円/月
2011年7月~12月
(平成23年)
7円/月
2012年1月~6月
(平成24年)
5円/月
2012年7月~12月
(平成24年)
3円/月
2013年1月~6月
(平成25年)
3円/月
2013年7月~12月
(平成25年)
3円/月
2014年1月~6月
(平成26年)
3円/月
2014年7月~12月
(平成26年)
3円/月
2015年1月~6月
(平成27年)
2円/月
2015年7月~12月
(平成27年)
2円/月
2016年1月~6月
(平成28年)
2円/月
2016年7月~12月
(平成28年)
3円/月
2017年1月~6月
(平成29年)
2円/月
2017年7月~12月
(平成29年)
3円/月

ユニバーサルサービス料が高い時は毎月8円?!

2007年(平成19年)の当時は
ユニバーサルサービス料の番号単価は
毎月7円だったのですね。

一番高い時期は2009年(平成21年)から
2011年(平成23年)1月までで
毎月8円となっております。

2017年4月現在は毎月2円となっていることから
一般電話や携帯電話やIP電話などの
ユニバーサルサービス料を負担する
電話番号が、かなりの数が増加したと考えられます。

現在は算定対象電気通信番号が桁違いに増加?!

実際資料を拝見してみると
2007年(平成19年)の資料では
・平成18年6月末の算定対象電気通信番号の総数が
179,209,533番号

2017年(平成29年)の資料では
・修正番号単価の適用を開始する
2017年(平成29年)7月から12月までの
予測算定対象電気通信番号の総数の合計が
1,461,408,217番号

以上の番号数となっており
桁が違う程増えておりますね。

また、新しい発表があったり
気付いた点がありましたら
追記や修正などをして
お知らせしたいと思います。

初回投稿日:2017/4/27
参照元:ユニバーサルサービス支援業務

スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です