au iphone6s 6splus 16GBと64GBを選ぶなら毎月割が多い64GBを選んだ方がお得な件

2016年4月末よりauのiphone6s iphone6s plus シリーズの毎月割が増額しております。
16GB と64GBならどちらの容量を選んだ方が良いのでしょうか?
考察してみましたが64GBの方断然良いです。

根拠は毎月割がiphone6s 64GBの方が毎月割の額面が高いので
端末価格はもちろん16GBより64GBの方が高いのですが
実質負担額としては全く一緒になるのです。

iphone6s 16GBと64GBの差額は?

16GBが84280円(税込)
64GBが97080円(税込)で
端末価格の差額は
97080-84280=12800

毎月割が総額
16GBが-73440円(税込)
64GBが-86280円(税込)なので
割引額の差額は
86280-73440=12840円となり

ほとんど一緒ですよね。
よって総支払額も殆ど変わらないということです。

維持費の方も計算している記事があるので参考になればと思います
iphone6s 16GBは

au iphone6s 16GBをMNP一括0円で購入した場合は毎月かなり安く持てます!月額費用を考察(LTEプラン+LTEフラット)
総務省のタスクフォースやらガイドラインやらで 実質0円を撲滅しようとしているのですが、 結局のところ、月々の携帯料金を安くしたいのでした...

iphone6s 64GBは

au iphone6s 64GBをMNPで契約した場合の月額費用を考察(LTEプラン+LTEフラット)
auのiphone6sがほしい人は16GBも良いですが64GBもお得なので 選択肢の一つとして考えてもよいと思います。 契約してから...

iphone6s 64GBの特価が無い場合は?

これはiphone6s 16GBの一括ゼロ円特価等をしている店舗に交渉してみるとよいと思われます。交渉の仕方としましては
「16GBと64GBの差額分を支払うので64GBにしてください。」
などと言うのがベターだと思います。

「16GBで在庫のある色では気に入らないので64GBで在庫のある色で条件を近づけてくださいませんか?」
と言うのも良いかもしれませんね。

64GBの方がROM記憶ストレージも多いので、長く使えると思います。
是非検討してみてはいかがでしょうか?

他の容量も一覧表を作成

これが現在のauのiphone6sと6s plusの端末販売価格表です。

関連記事 スポンサードサイト
機種 容量 端末価格 分割支払い金 毎月割総額 月々の割引 実質負担額
iphone6s 16GB 84240 3510 × 24 73440 3060 × 24 10800
64GB 97080 4045 × 24 86280 3595 × 24 10800
128GB 109920 4580 × 24 86280 3595 × 24 23640
iphone6splus 16GB 97080 4045 × 24 73440 3060 × 24 23640
64GB 109920 4580 × 24 86280 3595 × 24 23640
128GB 122760 5115 × 24 86280 3595 × 24 36480

こちらが端末価格を一括支払いで購入した場合のそれぞれの機種の最安価格一覧表です。

機種 容量 SV有・学割有 SV無・学割有 SV有・学割無 SV無・学割無
iphone6s 16GB 1897 2906 3420 4429
64GB 1362 2371 2885 3894
128GB 1362 2371 2885 3894
iphone6splus 16GB 1897 2906 3420 4429
64GB 1362 2371 2885 3894
128GB 1362 2371 2885 3894

表を見ているとやはり一番お得なのはiphone6sの64GBですね。
iphone6s plusがほしい人も64GBを選んだ方が良いと思われます。
総務省の陰謀で端末価格があがり
一括ゼロ円は少なくなってきているので
少しでも安く持ちたいところですね。

スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です