5/28 総務省タスクフォースでの話し合いを開催

どんな結果になるのか気になる会合が行われるようです。
ドコモと総務省がグルになったと言われていた前回の会合と総務省のガイドラインですが
結果各キャリアが実質0円での端末販売をやめてしまい、結果携帯やスマホの販売価格が値上げしてしまいました。
それなのに各携帯電話会社の決算報告はどこも良かったようです。
これはもう陰謀としか思えないですよね。

それでも総務省の目も節穴ではなかったようで
更なる値下げを要請するようです。
これはありがたいことですが、当たり前ですよね。

前回は失敗だったのでは?

総務省は問題視するところを間違えていたと思います。
softbankでさえも総務省ガイドラインには異議を唱えるほどです。
自由競争の迫害ですよね。
特に前回の会合では、NTTドコモが今までの売り方に、ケチをつけている発言ばかりだったと思います。

関連記事 スポンサードサイト

5/28の会合ではどういう結果になるのか楽しみでもありますし不安でもありますね。
また結果がわかれば紹介できればと思います。

経営者がだめだと・・

こちらの方のつぶやきを見ていると
いかに某社長が・・というのがわかりますね。
現在の社長も微妙な感じですが・・

スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です