悲報!総務省により7月末で割引キャンペーン終了?!携帯3社にまた是正要請で・・解約新規を問題視?

また総務省が余計な事をやらかしているようです。
自由競争にケチをつける是正要請のようですね。
総務省ガイドラインにより、また改悪が行われるようです。
どの割引キャンペーンが終了されるのか気になるところです

どういうこと?

産経新聞系のニュースサイトであるsankei bizの記事によりますと

総務省ガイドラインを順守するよう、携帯3社にまた
是正、即ち注意のようなものをしているようですね。

今回の総務省の是正により割引キャンペーンが
7月末で廃止される可能性もあるようです。
これは非常に困りますよね。

解約新規が問題?!解約新規とは

sankei bizの記事では、他社契約者が解約をしてから
新規契約をして割引キャンペーンを享受すると報じておりますが

契約している会社の回線を解約して、すぐに新規契約をすることも
可能なことは可能なのです。
審査基準にもよりますが、大体の会社は審査が通るのではないでしょうか

解約新規とは、現在契約している回線を解約してから
すぐに新しい回線を契約することです。
これにより旧回線の電話番号の保有権はなくなってしまい
新しく新規契約をすれば、新しい電話番号が発番されます。
要は、電話番号が変わってしまうというわけです。

auならスマートバリューの増額がまた2年適用される

auの契約回線を例にすると、スマートバリューの割引額は
契約プランやパケット定額によりますが
加入当初2年は1410円ですが、2年を過ぎて3年目からは
スマートバリューの割引額は934円となってしまいます。

解約新規をすれば、また加入当初の2年となるので
月々の割引は1410円となるわけですね。

関連記事 スポンサードサイト

解約新規で得するには?

新規契約ですと端末の割引はあまりないと思います。
よくて実質3万円となったりするのではないでしょうか

そこで、現在使っている端末をそのまま利用すれば良いのです。
持込新規契約というものですね。
事務手数料は3240円かかってしまいますが
また2年割引が増額するのではあれば、元はとれるでしょう。

またauなら現在スマバリバリキャンペーンも行っております。
スマートバリューの割引額が倍額となるキャンペーンですので
更にお得です。もちろん持込新規契約も可能です。

こちらの記事でスマバリバリキャンペーンを紹介しておりますので
よろしければご覧になってください。

au 7月より「スマバリバリキャンペーン」を開始!維持費を計算してみた 毎月848円運用も可能に 最大3410円割引!2GBプレゼント!au既存契約者も対象に
毎月848円運用も可能です! auが7月よりスマートバリュー契約者に非常にお得な値引きキャンペーンである 「スマバリバリキャンペーン」を...

マモリーノ3のような端末価格の安いものでしたら一括0円も可能ですが
スマートフォンではないので、契約変更をする必要があるので
事務手数料が3240円かかるので、面倒ですしコストがかかりますね。

今回の総務省ガイドラインの是正により
スマバリバリキャンペーンも終了する可能性もありますね。
残念なことです。

docomoやsoftbankのキャンペーンはどうなるの?

先程述べたように携帯3社の割引キャンペーンが
7月末で終了する可能性があるようでうs。

NTTドコモのキャンペーンでは、下取りプログラムの増額が
19までで終了するとの噂もあります。
これは総務省ガイドライン指導が原因とも言われております。

softbankは今のところどうなるか不明ですが
ギガ特盛キャンペーンなどは、終了する可能性もありますね。
下取りプログラムやタダで機種変更キャンペーンも
どうなるのか不安なところです。

割引キャンペーンにより実質0円になるのを問題視して
自由競争を阻むよくわからない総務省の施策は
今後どうなるのか不安なところですね。

スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です