docomo 月々1650円から利用できる機種変更優遇割引「はじめてスマホ割」開始!MNPでなくても携帯料金の格安運用も可能!2016/8/5から

NTTドコモが非常にうれしい、docomoを長く使っている方に
条件はありますがうれしい機種変更及び契約変更向け優遇キャンペーンを初めてくださりました。
MNP優遇とは言わせない、総務省や公正取引委員会に対する施策ですので
「はじめてスマホ割」を是非活用してほしく思い紹介したいと思います。

「はじめてスマホ割」とは

FOMA契約の「ドコモケータイ」、「ドコモらくらくホン※3」、「キッズケータイ」のいずれかをご利用中のお客さまが、期間中にXiへ契約変更※4し、「カケホーダイプラン(スマホ/タブ)」、または「カケホーダイライトプラン」と、「シェアパック5~30」(シェアパック子回線も対象)、「データパック(S/M/L)」、「らくらくパック」のパケットパックのいずれかをお申込みいただくと、毎月の基本使用料が最大2年間1,520円割引※1となります。

参照元:https://www.nttdocomo.co.jp/info/notice/pages/160804_00.html

要は、docomoの契約プランであるガラケー及びフィーチャフォンの契約プラン(FOMA)の方でガラケー及びフィーチャフォンを正規に購入後、18ケ月以上利用の方が
FOMA→Xi に機種変更及び契約変更にて適用できるプランというわけですね。

なお、受付期間は2016/8/5~2016/10/31までの間となっております。

Xiとは?新料金プランであるカケホーダイ・ライトプラン

Xiとはクロッシィと読みまして現在主流の通信方式のことです。
他社ではLTEや4Gとも言いますので、第四世代の高速通信の事ですね。

現在docomoでは、カケホーダイプラン・カケホーダイライトプランに
複数回線でパックを組む「シェアパック5~30」
単独の場合は、「データパック(S/M/L)」「らくらくパック」などの
データ容量プランを組み合わせての、いわゆる新料金プランとなっております。

シェアパック子回線も適用可能!

これがNTTドコモの良いところだと思います。

こういったお得なキャンペーン施策だと
ソフトバンクだと、シェアパック子回線と同じプランである
「データシェア子回線」は対象外となるケースが多いのですが
NTTドコモでのキャンペーンの場合、新料金プランであれば
適用可能となるケースが多いです。

これにより毎月の携帯料金を安く運用できるというわけです。
「はじめてスマホ割」は、太っ腹なキャンペーン施策ですよね。

毎月の携帯料金はどれだけ安くなるの?

公式サイトの「はじめてスマホ割」の概要に
わかりやすい表がありましたので紹介したいと思います。

スクリーンショット (293)

いかがでしょうか?
24時間電話がし放題である「カケホーダイプラン スマホ/タブ」
は最大-1520円も割引があり
24時間5分以内なら電話がし放題の「カケホーダイライトプラン」でも
-850円も割引があるのです。

シェア子回線なら
「カケホーダイプラン スマホ/タブ」の場合月々1980円
「カケホーダイライトプラン」の場合月々1650円と
非常に安く持てるようになります。
Y!mobile(ワイモバイル)のワンキュッパキャンペーンに
匹敵するキャンペーンではないでしょうか。

関連記事 スポンサードサイト

ポケモンGOでスマホ需要が増大?!

現在非常に人気で話題の任天堂の
「ポケモンGO」のおかげで、現在ガラケー及びパカパカケータイを
持っている人が、スマホへの買い替えや乗りかえを
検討している人が多いそうです。

あれだけ、国民的に有名で認知されている
「ポケモンGO」のおかげで買い替え需要が発生して
docomoが願っているスマートフォンの普及や需要の増大に
一役買っているというわけですから、
どうせなら内需の拡大(既存契約者からのスマホへの乗りかえ)を
目指すのは良い事だと思います。

「はじめてスマホ割」は非常に良いキャンペーンだと思います。
他社へのMNP転出により、契約者の流入を防ぐためにも良いですよね
auやsoftbankやワイモバイルも追随してほしいところですね。

以前は「シニアはじめてスマホ割」だった

2016/8/5:追記

・2015/4/24~2015/9/30
・2015/12/4~2016/1/31
以上の期間で以前実施していたようです。

「シニアはじめてスマホ割」と「はじめてスマホ割」との
大きな違いは、対象年齢でしょう。

「シニアはじめてスマホ割」は対象年齢が60歳以上と設定されておりますが
今回開始される「はじめてスマホ割」は
対象年齢が設定されておりません。

これはうれしい事だと思います。
案外周りにも20代や30代や40代の方でも
スマートフォンを利用しておらず、ガラケーのままの方も
いらっしゃいます。

そんな、ガラケーユーザーの方で、docomoを契約の方で
今回の「はじめてスマホ割」の対象の方でしたら
ぜひ活用してほしいと思います。

「はじめてスマホ割」回線を活用して月々サポート余剰回線に!

2016/9/3:追記

2016/10/31までと、まだまだ実施期間がある
「はじめてスマホ割」ですが、先述の通りシェアパック子回線にも
適用可能なのです。

もし月々サポートが高額な機種を、一括0円などの特価で購入することが
できて、「はじめてスマホ割」を適用することが
できれば、シェアグループの月々サポート余剰回線にも
することができるので、格安運用にも利用できるのです。

シェアパックの格安運用に関しては
こちらの記事で紹介をしているので参考にしていただけると幸いです。

docomo シェアパックを考察 月々3円で格安運用の方法は?
NTTドコモが2014年より始めております 「カケホーダイ&パケあえる」のシェアパックについて 考察していきたいと思います。 高額月々...

PR 購入はドコモオンラインショップがお得!

総務省のガイドラインが制定されてからというもの
量販店での値引きもあまり行われていないようで
ドコモショップでも値段も定価で変わらない店舗も多いようです。

携帯キャリアショップで購入するとなると
色々と問題になっている、余計なオプションや有料コンテンツの加入です。
頭金も必要な店舗もあるので、端末価格以上の出費がかさむことも
少なくはありません。

ドコモオンラインショップでの購入ならば
頭金は一切不要で、余計なオプションサービスの加入や
有料コンテンツの加入も必要ありませんので
余計な気を使う必要がないのがうれしいところです。

是非、ドコモオンラインショップでの
購入を検討してみてはいかがでしょうか?

初回投稿日:2016/8/4

スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です