朗報!softbank(ソフトバンク)が購入からSIMロック解除の手続き解禁期間を短縮?!早く解除できるように

意外なキャリアがシムロック解除ができない期間の縛りを短縮してくれるようです。
softbank(ソフトバンク)が対象機種の購入後
180日間はSIMロック解除ができない縛りの期間の
短縮を検討しているようです。

一番SIMロック解除の義務化に消極的だった
キャリアのsoftbank(ソフトバンク)がいち早く
行動を起こそうとしているのは、意外と言ったら
失礼ですが、意外でした。

まだ解禁される期間は明らかになっていないようなので
わかり次第紹介をしたいと思います。

SIMロック解除とは

そもそもSIMロック解除とは何かご存知でない人も
多いと思いますので、ざっくりと説明すると

iphoneはau、NTTドコモ、softbank(ソフトバンク)や
Y!mobile(ワイモバイル)などの携帯電話会社(キャリア)が販売していると
思われます。

それぞれの携帯電話会社(キャリア)から
携帯電話回線を契約して購入したiphoneを
違う携帯電話会社で契約したSIMカードを挿入しても
電波が立たずに、通信や電話ができないようになっているのです。

それがSIMロック(シムロック)というものなのです。
そのロックを解除することを、SIM(シム)ロック解除といいます。

Androidスマホならば、ソニーモバイルコミュニケーションズのXperia のスマホや
Samsungのgalaxy シリーズも各キャリアから販売されているので
同じことが考えられます。

SIMロック解除の義務化が施行

2015年5月より総務省の指導により
SIMロック解除の義務化がなされました。
義務化により、2016年5月以降に発売されたスマホなどの端末は
携帯電話会社各キャリアが定めた期間以降にSIMロック解除が
できるようになったわけです。

現在携帯電話会社各キャリアが定めた期間は各社一律で
180日間となっております。

NTTドコモは、購入した契約携帯電話番号が
180日前にSIMロック解除の手続きをしているならば
対象端末を購入した場合、希望すればすぐにSIMロック解除ができるように
なっている特例措置みたいなものが設定されております。

softbank(ソフトバンク)がなぜ?!

恐らく、現在行っておられる割引施策である
端末の購入費を大幅に割引する代わりに
2年間もの契約期間の縛りを設定する「一括購入割引」が
一定の成果を上げているからではないでしょうか?

関連記事 スポンサードサイト

2年間の縛りを解除しようとするならば
数万円もの高額違約金である解除料を払わないと
いけないので、2年間契約する人が多いのでしょう。

一時期問題になった短期解約への対策ができているのでしょう。
「一括購入割引」の高額解除料により、大幅に値引きした端末の
持ち逃げを防止できていると思われます。

いかがだったでしょうか?
現状は180日間はSIMロック解除がするための期間が
どれだけ短縮されるのかわかりません。
また何かわかり次第、追記するなりしてお知らせしたいと思います。

PR softbank(ソフトバンク)の携帯電話回線を契約するなら?

SIMロック解除をしようものにも
softbank(ソフトバンク)の携帯電話回線を契約していない方には
softbank(ソフトバンク)の公式オンラインショップである
ソフトバンクオンラインショップがおすすめです。
余計な頭金や有料コンテンツやオプションサービスの加入も必要ありません。

代理店であれば、MNP(乗り換え)限定ではありますが
iphone7/plusの在庫が、種類・容量・カラーによりますが潤沢だと宣伝されている
おとくケータイ.netもおススメです。
何と、iphone7/plusにもキャッシュバックを進呈しているようなので
安く買う方法としてはおすすめです。

他社対抗のキャッシュバックも行っておりますので
au、NTTドコモからのMNP(乗り換え)を検討している方は
一度、おとくケータイ.netでの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

参照元:nikkei
初回投稿日:2016/10/16

スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です