Samsung 2019年 新型Galaxy(ギャラクシー) S10 / S10+ / Xの噂

こちらの記事では
Samsung(サムスン)から今後発表されて
発売されるであろう、Android スマートフォンで
人気の高い次世代Galaxy(ギャラクシー)シリーズの
Galaxy(ギャラクシー) S10 / S10 + / X の
噂をまとめていきたいと思います。

上から順に噂や新しい情報を
記載していきますので、宜しくお願い致します。

スクリーンショット (199)

スポンサードサイト

次回作はGalaxy X?!

gizchinaによりますと、
Galaxy(ギャラクシー)シリーズは次回作より
Galaxy Xシリーズと命名が変わっていく可能性が
あるようです。

第10世代目となる事で Galaxy Xシリーズとし
第11世代目がS11,第15世代目がS15となってしまう事より
簡潔なモデルネームにしたいとの狙いと
Galaxy(ギャラクシー)シリーズの最大のライバル機種である
Apple(アップル)のiPhoneシリーズが
iPhone X を発表したことにより
対抗策として考えているようです。

もし、Galaxy Xシリーズとなる事が本当であるなら
真似をしているように感じますが
皆さまはいかが感じますでしょうか?

CPU(SOC)は世界初の7nmチップセットが搭載?!

BGRによりますと、
次期最新作のGalaxy(ギャラクシー) S10 / S10 +/ Xには
世界初の7nmチップセットとなる
Snapdragon 855が搭載される可能性が高いとのことです。


TwitterにてRoland Quandt 氏が
上記のように明かした内容によりますと、
Snapdragon 855 (SDM855)は世界初の
7nm SoCとなるといった内容であり、
また、X24 modemが搭載されているとのことです。

当然、Galaxy(ギャラクシー) S10 / S10 +/ Xには
最新のSnapdragonが搭載されるとの見方で
今回の噂が出てきているわけです。

かなり期待したいところです。

インスクリーンタイプの指紋認証ユニットが搭載?!

phonearenaによりますと、
galaxy Note 9で搭載される噂であった
ディスプレイ統合型指紋ユニットは
更に延期がなされて、2019年の次世代
Galaxy(ギャラクシー) S10 / S10 +/ Xに
搭載される見込みとのことです。

KGIのMing-Chi Kuo氏が明かしたとの事で
スクリーンプロテクターの感度の問題や
様々な気象条件における一貫性の問題などの
技術的な問題の為だと報告されているようです。

以前よりかなり期待がされており
度重なる延期がなされていた
インスクリーンタイプの指紋認証ユニットですが
今度こそは搭載されて実用したいものですね。

3D顔認証機能が搭載し5G接続をサポート?!

theinvestorによりますと、
Galaxy(ギャラクシー) S10 / S10 +/ Xには
3D顔認証やディスプレイ埋込み式の指紋認証センサーが搭載される見通しだと
明かしております。

生体認証システムとして
イスラエルのマンティス・ビジョン(Mantis Vision)社と
カメラモジュール会社Namugaと協力をして
3D顔認証システムを開発しているようです。

また、5G接続をサポートすることも
記しておりかなり期待ができそうです。

コンセプト動画が公開?!

gizmochinaによりますと、
Galaxy(ギャラクシー) S10 / S10 +/ Xの
コンセプト動画が公開されているようです。

関連記事 スポンサードサイト


あくまでクリエイターの想像での創作となっておりますが
背面のデュアルカメラは垂直に配置されており、
底の部分には、デバイスのスピーカと並んで、
3.5mmのヘッドフォンジャックとUSB Type-Cポートが配置されております。
ディスプレイの右側には電源ボタンがあり、
ボリュームキーとBixbyボタンは左側にあります。
Bixbyボタンには質感のある仕上がりとなっており
視覚的に音量ボタンと区別することができます。

今回もかなりベゼルレス化進んでいるようですね。

実際に発表されるのはまだまだ先となりますが
期待して待ちたいところです。

3つのモデルとして開発中?!コードネームは「ビヨンド」?!

etnewsによりますと、
Galaxy(ギャラクシー) S10 シリーズは
3つのモデルが存在しているようです。

Galaxy(ギャラクシー) S10シリーズの開発に
参加している複数の業界関係者が明かしたようで、
コードネームは「ビヨンド」という名前で
3つのモデルを用意しているようです。
現在のところ、「”ビヨンド0″ “ビヨンド1” “ビヨンド2″」
とナンバリングして開発しているようで、

スペック内容もそれぞれ違うようで
ビヨンド0
・5.8インチフラットディスプレイ
・メインカメラはシングルカメラ

ビヨンド1
・5.8インチエッジディスプレイ
・メインカメラはデュアルカメラ

ビヨンド2
・6.2インチエッジディスプレイ
・メインカメラはトリプルカメラ

と上記のスペック内容が噂されております。
ビヨンド0は普及型フラグシップモデル、
ビヨンド2を最上位フラッグシップモデルの位置づけとなるようです。

Galaxy(ギャラクシー) S10 / S10 +/ X となるのでしょうか
気になるところですね。
また、折りたたみ可能なフォルダブルスマートフォンも
2019年初めに発売される事が予想されているようで、
ライバル企業の中国のHuawei社が2018年11月に
世界初公開を目標にしている事から
Samsung(サムスン)も開発を急ぐようです。

折りたたみ可能なフォルダブルスマートフォンも
気になるところですね。。

S10+ にはカメラレンズが5つも搭載?!

thebellによりますと、
発表が噂されております
Galaxy(ギャラクシー) S10 / S10 +/ X のうち、

コードネーム「ビヨンド2」と呼ばれる
最上位フラッグシップモデルの
Galaxy(ギャラクシー) S10 +
若しくはGalaxy(ギャラクシー) X には
5つのカメラレンズが搭載されるとのことです。

上記の前回更新時に、 「ビヨンド2」には
トリプルレンズカメラが搭載されるとお知らせしておりましたが、
前面に1200万画素のデュアルカレンズメラ、
背面にはトリプルレンズカメラが搭載される事となり
合計5つものカメラレンズとなるようです。

トリプルレンズカメラですが、
1200万画素の一般広角カメラに1200万画素の望遠カメラに、
従来の77度の画角をはるかに凌駕する
120度の超広角カメラになるようで、
画素数も1600万画素となります。

カメラ機能もかなり期待が持てますね。

今後も新しい情報や噂が出てきた場合は
追記などを行い更新していきたいと思います。

Galaxy(ギャラクシー) S10 / S10 +/ X の
予約は公式オンラインショップが在庫も潤沢で
余計な頭金や経費もかからず
待ち時間もなくご自分のペースで購入できて
おすすめです。

スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です