au 下取りプログラム とは?内容を考察 破損も下取り対象に?!乗りかえ元ではない他社端末は下取り可能?

au MNP契約時の下取りプログラムとは?
と思ったので内容を考察してみました。

毎月の下取り額の変更情報や更新情報などを
随時上から順に、追記していきたいと思います。

スポンサードサイト

Contents

どういったキャンペーンなの?

MNP契約や機種変更での端末購入時に、使わなくなった端末を下取りしてくれるキャンペーンです。色々な条件があり、MNP契約の場合は、docomoかSoftBankの端末を下取りに出す必要があります。
余談ですが、docomoからの乗りかえでも、SoftBankの端末を下取りに出しても、受付てくださいます。
逆に言えば、SoftBankからの乗りかえでも、docomoの端末を出しても受付てくれるということです。
人それぞれ、色々な事情で端末を利用しているのでありがたいことですね。

下取り額は?

おおまかに記載すると、MNP契約時、他社からの乗りかえ時で、Androidスマートフォンですと、10800円。iPhoneですと、10800円から27000円となっていますね。

参照元:au 下取りプログラム(乗りかえ)

因みに機種変更の場合は、また変わってきます

Androidの場合は、悲惨なことに殆どが3000円です。残念ですね。
iPhoneでしたら10800円から27000円と悪くないです。
ただし、機種変更の場合は、注意が必要でauに購入が登録されている端末でないと受付が不可能のようです。

Androidに限り下取り額が増額中!しかし店頭での下取りが必要!

MNPでの他社からの乗りかえでの新規契約の場合ですが、増額が行われています。
お店によっては各種施策を組み合わせて、一括0円での販売を行っている店舗もあると思われます。しかしその場合はポイントや商品券や現金などのキャッシュバックを、店頭での下取りですと増額できないお店があるんです。私が伺ったお店ですと一括0円での特価を行っていないiPhone6sなどの機種でしたら増額可能で行ってくださるようでした。

増額中のAndroid端末の下取り額は?

通常の倍額の21600円となります。恐らくSoftBankが増額していることに対しての、対抗策と思われます。
因みにdocomoは何も対策はしていないようです。残念なことですね。

増額中の現在、郵送下取りならどうなるの?

残念ながら郵送での下取りの場合、auのホームページの下取りプログラムに記載されているとおり、10800円のau walletカードに後日還元となります。
因みに郵送下取りとは、店頭で申し込みをして10日ほどで郵送下取りキットからauから送付されてくるので、送り返すことになります。

参照元:au 下取りプログラム(乗りかえ)

2016年1月も延長!

年も変わりましたが、2016年1月も延長するようです!
ありがたいことですね。http://keitai.arekore.osaka-seikatsu.com/wp-admin/edit.php
ただ、Androidの下取り増額は12日で終了との噂が出ています。
行ける方は早めの購入がよいかもしれませんね。
追記:2016/1/4

2016年2月も延長!

他社Androidスマートフォンの下取り増額で21600円の方も
2/29まで延長しておりますね。
このまま3/末までしそうな勢いではないでしょうか?
噂では40000円に更に増額の噂もあります。
週末にはまた何かわかるかもしれませんね。

2016年3月も延長!

下取りプログラム(乗りかえ)ですが
先月と同じく、
ソフトバンクやNTTドコモから発売された
他社Android スマートフォンの下取りが
最大21600円となっております。

さすがに、3月は一般的に決算月というわけで
減額するわけにいかなかったのでしょうか

いずれにせよ、ありがたいことですね。
今月は何か期待したいところですね。

2016/3/1:追記

店舗によっては、独自の増額も?!

管理人が確認したところで
エディオンさんが、
3/22までの限定で
Androidスマホを下取りに出すと
エディオンポイントを10000円分
付与してくれるそうです。
他の店舗も追随してほしいところですね。

2016/3/20:追記

2016/3/31で終了の予感

「スマートフォンの端末購入補助の適正化に関するガイドライン(案)」等
に対する意見及び総務省の考え方

が発表されました。
この発表によって是正が行われたのでしょうか?
気になる内容がありました。

中古市場の一般的な買取価格をいちじるしく上回る場合は、実質的な購入補助にあたる

との総務省の見解があったようです。
下取りもやり過ぎとして見られている現状を
考えると、来月4月からは
現在行っております増額の延長や、下取り額の維持は期待はできなさそうですね。

できれば今月中に契約はすますのが良いかもしれませんね。

2016/3/25:追記

2016年4月に入ってどうなった?

やはり予想通りの展開となっていましました。
他社Androidスマホの下取りは
指定機種以外は一律最大10800円に減額になったようですね。
ちなみに最大との記載ですが
減額されたとはきいたことはないですね。

悲報!au下取りプログラムの他社Androidスマホの増額が終了へ
以前より予想がされていた、au下取りプログラムの他社が販売したAndroidスマホの下取り額ですが 3/31までは、増額して最大21600...

2016/4/1:追記

朗報!画面破損でも下取り減額はなくなった

気になるツイートがありました。

画面破損でも下取り対象になったというのは
非常にうれしいことですよね。

公式サイトでは

スクリーンショット (151)
確かに破損の記述がありません。
これは朗報ですね!

以下が以前の公式サイトです

破損の記述があることが伺えます
sitadori

下取り可否の基準は?

2017/3/12:追記

今回改めて下取りが可能か不可能かの
判定を改めて考察してみると
上記の画像によると

1.電源が入らない
2.充電を行っても充電ランプが点灯しない
3.暗証番号ロック解除とオールリセットが実施されていない
4.水濡れシールに水濡れ反応がある(メーカー指定箇所を確認します)
5.製造番号が確認できない、改造などメーカーの保証外となるような場合

となっております。
2は充電コネクタ(差込口)が破損や不具合があると、充電ができないので1の電源も入らなくなります。

簡単に考えれば、液晶が破損していたり、
本体や液晶など電源ボタンや音量調整キーなど、
様々な場所が凹んでいても、
電源が入って充電することができて、
水濡れ反応がなく、不正改造もなく、
初期化さえできれば下取りは可能ということになります。

本日auショップにて確認してみた

手続きする機会があったので
auショップに行き、下取りの条件の事を
確認してみました。

やはり、画面破損でも下取り対象で減額も
ないようです。
これは朗報ですよね。
3月に捌ききれなかったiphone5をお持ちの方は
処分するチャンスではないでしょうか?

2016/4/29:追記

のりかえ元ではない他社端末は下取り可能?

こちらも聞いてみました。
他社iphoneやAndroidスマホなどを
下取りに出したい場合、

ソフトバンクからMNP→docomoのiphone、Androidスマートフォン
NTTドコモからMNP→softbankのiphone、Androidスマートフォン
Y!mobileからMNP→softbankかdocomoのiphone、Androidスマートフォン

こういった乗りかえ元と相違した端末は下取りは可能かどうかですが
郵送下取りでは今のところ問題なく下取りができています。

ただ店頭での下取りの場合は、店員もしくは店舗によりますね。
何店か問い合わせしたのですが
au ショップの何店かは、乗りかえ元ではない他社端末はNGですと回答がありました。
参考になればと思います。

2016/4/30:追記

2016年5月に入って

気になる下取り額ですが
4月と全く変わりはないようです。
増額がないのは残念ですが、減額もありませんし
4月末に下取りできないケースに破損が省かれている点も継続なので
問題はないかと思われます。

破損でも下取りしてくれました!

先日、MNP契約をする機会がありましたので
画面が割れていて破損しているiphone5sと裏面のカメラ付近が破損しているiphone5を
対面対応にて下取りに出してみましたが、
無事、下取りを満額していただけましたので報告したいと思います。

破損がひどい方のiphone5sの方は画面半分が数か所割れている状態でしたが大丈夫でした。
5/1現在の下取り基準は
・画面割れしていても操作ができるなら下取り可能
(工場出荷時の状態に戻す、初期化リセットができるくらいの操作ができないと不可能)
とのことです。
参考になれば幸いです。

2016/5/2:追記
2016/5/23:下取り基準を更に追記しました。

ゴールデンウイークも終わり5月も後半に

期間限定かと思われた、下取りプログラムの緩和であります
破損端末もOKの件ですが、依然大丈夫のようです。

総務省ガイドラインで中々スマホの売れ行きの悪い中
auが考えた苦肉の策なのでしょうか?
いづれにせよありがたいですよね。

いつ変わるかわかりませんので
対象端末を持っている人は早目に動いた方が良いかもしれませんね。

2016/5/19:追記

2016年6月になってどうなった?

2016/6月になりましたが下取り額は変わったのでしょうか?

スクリーンショット (174)

スクリーンショット (175)

5月から何も変わっていないようですね!
噂ですが6/10からAndroidの下取りが増額との噂もあるので
楽しみに待ちたいところですね。

2016/6/1:追記

2016年7月はどうだった?!

ゆくゆくこの記事を見ていると、当記事では2016年7月度の
下取りプログラムの変化を紹介できていませんでした。

まだまだ甘いブログ構成に、ただただ反省であります。

7月のauの下取りプログラムの変更点というと
振り返れば悲しい変化がありました。

iphone5、iphone4s、iphone4
他社Android、携帯電話(フィーチャーフォン)が
端末によっては大幅な減額となっているのです。

こちらの記事で紹介しているのでよろしければ
参考にしていただけると幸いです。

悲報!au 下取りプログラムの一部端末が7月から下取り額が減額へ 改悪 公式発表で確定!
これは悲しいお知らせです。まさに悲報ですね やはり7月から条件はなお一層悪くなってくるので 6月中に事を済ますのが賢明だったのかと思われ...

2016年8月より下取りプログラム対象端末が増加

こちらの記事では紹介ができていなかったのですが
下取りプログラム(乗り換え)の場合の
他社端末である、Y!mobile のスマホや携帯電話(フィーチャーフォン)と、
Disney mobile on softbankのスマホや携帯電話(フィーチャーフォン)も
下取り対象端末になり、下取りすることが可能になっております。

こちらの記事で紹介しているのでよろしければ参考になれば幸いです。

朗報!au 下取りプログラム 対象機種がY!mobile とDisney mobile on softbankも可能に!ウィルコムは?EMOBILEは?
auの下取りプログラムですが 2016/8/1より2016/8/31までの告知ですが タイトルの通り他社スマートフォンの対象機種が増えて...

ただ、Y!mobile(ワイモバイル)の前身である
ウィルコムやEMOBILEの端末は下取り対象ではなく不可能とのことです。
残念ですが、諦めるしかないでしょう。

2016/8/21:追記

2016年9月のau 下取りプログラムは?

下取りプログラム(のりかえ)の方ですが
8月の下取り額と比較してみても特に変化はないようです。

スクリーンショット (322)

スクリーンショット (323)

下取りプログラム(機種変更)の方も
特に変化はないようです。

auの販売したiphoneは
スクリーンショット (324)

Androidスマホ、ガラケーは対象端末のみ3000ポイントと
あまり下取りに出すメリットがないような気がします。
これなら、携帯買取店に買取に出した方が良いケースもありそうですね。

2016/9/3:追記

悲報?!下取り額が減額!iphone7/plusの発表により9/12より変更?!

各社、アップルの期待の新型スマホのiphone7/plusの
取扱いと表明したことにより、対応が変更されておりますね。

auの「下取りプログラム」も例外ではありません。
iphoneの下取り額と対象機種に変化があります。
公式サイトより抜粋して紹介をしたいと思います。

下取りプログラム(機種変更)の一覧
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-330

下取りプログラム(のりかえ)のiphone一覧
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-331

いかがだったでしょうか?
まとめてみると
au、他社(NTTドコモ、softbank)のiphone6s/plusが、追加されているのと
iphone6/plus以前の下取り額が減額となっております。
減額となっているのは、下取りプログラム(機種変更)、下取りプログラム(のりかえ)それぞれ違います。

下取りプログラム(機種変更)は

iphone5c 17280円→11180円

下取りプログラム(のりかえ)は以下の通り変更となっております。

iphone6 plus 27000円→21600円
iphone6 24840円→21600円
iphone5s 22680円→21600円
iphone5c 17280円→7560円
iphone5 5400円→4860円
iphone4s 3240円→2700円
iphone4 3240円→2700円
iphone3GS/3G 3240円→2700円

いかがだったでしょうか?
軒並み下取り額が減額されております。
せっかくのiphone7/plus 発売なのに
水を差すような減額は悲しいことですよね。
しかしながら、他のキャンペーンで巻き返しを期待したいところですね。

2016年10月に入ってどうなった?

2016/10/2:追記

2016年の10月に入ってauの施策キャンペーンである
「下取りプログラム」はどうなったのでしょうか?
公式サイトの内容を紹介したいと思います。

2016/10からの 下取りプログラム(機種変更)auのiphoneの一覧
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-361

2016/10からの 下取りプログラム(機種変更)auの Androidの一覧
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-366

2016/10からの 下取りプログラム(機種変更)auの ケータイ・Androidタブレットの一覧
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-367

2016/10からの 下取りプログラム(のりかえ)他社のiphone一覧

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-363

2016/10からの 下取りプログラム(のりかえ)他社のAndroid・ケータイはこちら

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-364

特に変わりはないようですね。
しばらくはこの下取り額面でしょうか。

11/8からiphone5sの下取りが減額?!

2016/11/1:追記

2016年11月1日からではなく、1週間後の
11月8日にiphone5sの下取り額が減ってしまう噂が
でてきております。

噂のソースは以下のtweetです。

こちらの方は、プロフィールによると某店員さんと
いうことで、ひょっとするとauショップ若しくは携帯併売店
若しくは、家電量販店の店員の方で情報が流れてきているのかもしれませんね。

庭とはauの事で、昔CMに使われた「auの庭で。」から
由来したインターネットの隠語のようなものです。

現状NTTドコモやsoftbank(ソフトバンク)などから購入した他社iphone5sは21600円
auの販売して購入したiphone5sは22680円
の下取りとなっているのですが、どちらかが15120円に
減額となってしまうかもしれないということです。

iphone5sの下取りを検討している方が早めに
契約なり機種変更(買い増し)をして「下取りプログラム」を
利用する方が良いかもしれませんね。
他にも情報があったり公式サイトからも発表があれば
またお知らせしたいと思います。

2016年11月に入って下取り額は?

2016/11/5:追記

2016年の11月に入ったことでauの「下取りプログラム」ですが
何か額面などに動きがあったのでしょうか?
公式サイトをみて調べてみたので紹介したいと思います。

2016/11からの他社(NTTドコモ、softbank(ソフトバンク))のiphoneの下取り額は以下の通りです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-277

2016/11からの 下取りプログラム(のりかえ)他社のAndroid・ケータイはこちら

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-301

2016/11からの下取りプログラム(機種変更)auのiphoneの一覧

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-334

関連記事 スポンサードサイト

機種変更時でのAndroidスマホは一律3000円のようなので割愛させていただきます。

見たところ2016年10月と下取り額は変わりがないような気がします。
ただ先日紹介をしたように、11/8より
何故か下取り額が減額される噂があるので
気になるところですね。

携帯併売店も以下の通りtweetをしているのでほぼ間違いないかもしれません。

わかり次第また紹介したいと思います。

11月8日が過ぎて噂の内容はどうなった?

2016/11/10:追記

遅くなってしまいましたが、11月8日を過ぎて
噂のiphone5s など iphoneの下取り額はどうなったのでしょう?
変わった箇所だけ紹介したいと思います。

先ず公式サイトよりauのiphone の下取り額一覧表です。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-371

iphone5sの下取り額が22680円→15120円に減額しております。

続いて他社(NTTドコモ、softbank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル))
のiphoneの下取り一覧表です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-372

iphone5sの下取り額が21600円→15120円に減額しておりますね。

個人的に管理人が思うのは、iphone5sの下取り額を
2016/11/8より変更する予定ならば
11/1の時点の一覧表を2016/11/1~2016/11/8に
すべきではないかと感じました。

噂の情報を入手できるのは全員では無いので
いきなり11月8日に減額がされたら何も知らない消費者としては
びっくりしてショックを受けると思います。
auの今回の対応は個人的には残念に感じました。

2016年12月の下取り額は?

2016/12/5:追記

2016年も残り1カ月を切ってしまったわけですが
auの下取りプログラム(乗りかえ)と
機種変更の下取りプログラムの
下取り額はどうなったのでしょうか?

2016/12からの公式サイトより下取りプログラム(乗りかえ)
の際の他社(NTTドコモ、softbank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル))が
販売したiphone の下取り額一覧表です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-389

2016/12からの下取りプログラム(乗りかえ)の際の
他社(NTTドコモ、softbank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル))
のスマートフォンの下取り一覧表です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-390

2016/12からの下取りプログラム(機種変更)auのiphoneの一覧

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-391

機種変更時での、Androidスマホは変わらず、
一律3000円のようなので割愛させていただきます。

見たところ、2016年12月は先月11月と比べて
変わっていないと思われます。
このまま年末商戦及び初売りまで
下取り価格は変わらないのでしょうか?
気になるところです。

2017年1月からの下取りプログラムは?

2017/1/8:追記

2017年の1月に入ってauの
下取りプログラムは変化があったのでしょうか?

2017/01からの公式サイトより下取りプログラム(乗りかえ)
の際の他社(NTTドコモ、softbank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル))が
販売したiphone の下取り額一覧表です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-426

2017/01からの下取りプログラム(乗りかえ)の際の
他社(NTTドコモ、softbank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル))
のスマートフォン・ケータイの下取り一覧表です。

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-427

2017/01からの下取りプログラム(機種変更)
の際のauのiphoneの一覧

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-425

2017年1月も先月2016年12月と変わりはなく
同じ額面のようですね。

2017年2月からの下取りプログラムは?

2017/2/1:追記

2017年2月に入ってauの
下取りプログラムの額面に変化はあったのでしょうか?
au公式サイトをチェックしてみましたので
記載しておきます。

2017/02からの下取りプログラム(乗りかえ)の際の
他社(NTTドコモ、softbank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル))が販売したiphoneの下取り額一覧表

スクリーンショット (449)

2017/02からの下取りプログラム(乗りかえ)の際の
他社(NTTドコモ、softbank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル))
のスマートフォン・ケータイの下取り額一覧表

スクリーンショット (450)

2017/02からの下取りプログラム(機種変更)
の際のauのiphoneの下取り額一覧

スクリーンショット (452)

2017/02からの下取りプログラム(機種変更)
の際のauのiPadシリーズの下取り額一覧

スクリーンショット (453)

2017年2月の下取り額も
2017年1月と同じ額面となっているようです。
細かく言うと、2016年11月8日に変更があった以来
変わらずですね。

2017年3月からの下取りプログラムは?

2017/3/2:追記

いよいよ年度末となる
2017年3月に入って
auの下取りプログラムは
変わった点はあるのでしょうか?

画像をスマホならタップ
パソコンからはクリックすると
拡大表示されます。

2017/03からの下取りプログラム(乗りかえ)の際の
他社(NTTドコモ、softbank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル))が販売したiphoneの下取り額一覧表
au 下取り 201703

2017/03からの下取りプログラム(乗りかえ)の際の
他社(NTTドコモ、softbank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル))
のスマートフォン・ケータイの下取り額一覧表
スクリーンショット (484)

2017/03からの下取りプログラム(機種変更)
の際のauのiphoneの下取り額一覧
スクリーンショット (486)

2017/03からの下取りプログラム(機種変更)
の際のauのiPadシリーズの下取り額一覧

スクリーンショット (487)

今月も変更はなく
2016年11月8日から5か月間
下取り額に変わりがないと
いう結果になりました。

下がらないよりありがたいことですね。

2017年4月より機種変更の下取り額が大幅減額の噂?!

2017/3/28:追記

こちらの方のtweetによりますと

auの下取りプログラム(機種変更)
の下取り額(買取価格)が大幅に減額されると
告知している店舗があるようです。

恐らく、どこかのカメラのキタムラの
店舗ブログでの発信だと思いますが
どこの店舗かわかりません。
他に告知している店舗が無いので
ガセであることを祈りたい所ですね。

2017年4月からの下取りプログラムは?噂の真相は?

2017/4/1:追記

日本の社会的には2017年度となった
2017年4月ですが
auの下取りプログラムの各下取り額は
どうなったのでしょうか?

先月末に噂が出ていた
機種変更の下取り額の大幅減額も
気になるところです。

2017/04からの下取りプログラム(乗りかえ)の際の
他社(NTTドコモ、softbank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル))が販売したiphoneの下取り額一覧表

スクリーンショット (527)

2017/04からの下取りプログラム(乗りかえ)の際の
他社(NTTドコモ、softbank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル))
のスマートフォン・ケータイの下取り額一覧表

スクリーンショット (528)

2017/04からの下取りプログラム(機種変更)
の際のauのiphoneの下取り額一覧

スクリーンショット (524)

2017/04からの下取りプログラム(機種変更)
の際のauのiPadシリーズの下取り額一覧

スクリーンショット (525)

全てをくまなくチェックしてみたのですが
2017年3月の下取り額と変わりはないようです。
先月末の大幅減額の噂は
誤りでガセだったということですね。
ガセで良かったと思います。

ただ、気になるのが
2017年4月1日~4月27日までの
下取り額という事で、ゴールデンウイーク(GW)
になると、また動きがあるかもしれませんが
減額が無いことを、祈りたいところです。

郵送下取りの申込書の様式が変更?!

2017/4/7:追記

Twitterなどでも話題になっているので
気にはしていたのですが
先日、郵送下取りのキットが届いたので
確認したところ、変更があったので
紹介をしたいと思います。

変更のタイミングが難しいのですが
2017年3月下旬辺りで変更があったようです。

なぜかというと
2017年3月16日に到着した
「電話機 下取り申込書」記入要項
IMG_0001

2017年3月26日に到着した
「電話機 下取り申込書」記入要項
IMG_0002

上記2つの画像を見比べていただくと
下取り機種の詳細(利用事業者・モデル・カラーや容量)を記入する
「下取り機種」の欄が
auからauへの機種変更、のりかえ元の事業者
のみ記入が必要な
「下取り申込のきっかけ」の欄に
変更がなされているからです。

今回の変更で記入する事項が少なくなったのは
楽になって良い事ですよね。

2017年4月28日からの下取りプログラム(下取り額)は?

2017/4/30:追記

前期は2017年4月1日~2017年4月27日までと
ゴールデンウイークを見越してでしょうが
中途半端な期間であった
auの下取りプログラムですが
2017年4月28日より下取り額に
変化はあったのでしょうか?

2017/04からの下取りプログラム(乗りかえ)の際の
他社(NTTドコモ、softbank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル))が販売したiphoneの下取り額一覧表

スクリーンショット (565)

2017/04からの下取りプログラム(乗りかえ)の際の
他社(NTTドコモ、softbank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル))
のAndroidスマートフォン・ケータイの下取り額一覧表

スクリーンショット (566)

2017/04からの下取りプログラム(機種変更)
の際のauのiphoneの下取り額一覧

スクリーンショット (562)

2017/04からの下取りプログラム(機種変更)
の際のauのiPadシリーズの下取り額一覧

スクリーンショット (563)

くまなく下取り額の確認をしてみたのですが
各条件の下取り額に変更は無いようです。
ガセだろうと、敢えて取り上げなかったのですが
とある店舗からの発信である
下取り額減額の噂は、ただの煽りだったようですね。

また公式サイトの更新や
何か動きがありましたら紹介をしたいと思います。

PR 公式オンラインショップである、au Online Shopならば
iphone7/plusの予約も簡単で安心です。
頭金もいらないですし、在庫も大量入荷されると思われます。
家電量販店やauショップで店頭購入するより、早く購入できる可能性が高いでしょう。
是非、au Online Shopはおススメです。

初回投稿日:2016/2/18

スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメント

  1. うなぎまん より:

    郵送は移転元関係なしで やってくれますね

    店舗だと、マニュアルあって移転元合わせないとだめが多いですよね

    画面割れでもあんまひどくリセットかけれないと不可です 一応コメントしておきます

    • 携帯ナビゲーター野郎 より:

      コメントありがとうございます。

      店頭下取りは融通利かないところ多いですので
      事前に確認が必要ですよね。

      画面割れも初期化リセットの操作ができるくらいの、破損でないと不可能ですね。
      ありがとうございました。

  2. やーくん より:

    すみません。アンドロイドは一律3000円と記載されていますが、違いますよね?

    • 携帯ナビゲーター野郎 より:

      やーくん 様

      コメントの方ありがとうございます。
      機種変更の場合のauが発売した
      Android スマホの場合、ですね
      失礼しました。
      追記と修正を帰宅次第しておきます。
      ご指摘ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です