携帯乞食はもう終了!?何かと面倒になってきている要因を考察

以前より携帯乞食というネットスラングが話題になって問題になっていましたが、もう稼ぐのも一苦労するようになりました。
何かと面倒になってきている要因を考察してみました。

スポンサードサイト

はじめに 携帯乞食とは?

携帯電話の会社の乗りかえ
いわゆるMNP(モバイルナンバーポータビリティ)を繰り返して
利益を生み出す、錬金術のようなものです。

どうやって利益を出すの?

わかりやすく、例に出すと

(購入した端末の売却+キャッシュバック) - 契約から解約までの維持費=利益

こういった感じです。
MNPをすると、殆どの案件で、高額キャッシュバックをくださいますよね。
MNP優遇を逆手に取った現在のわらしべ長者というものです。

どうして稼ぐのに苦労するようになったの?

先ずは、社会問題になったからでしょうね。
とくダネ!といったテレビで定期的に取り上げられたり
指南本が出てきたりしてから、終わりが始まったとは思っていましたが

やはりテレビで取り上げられると、視聴者が多いのもあり
マスコミでも報道されたりと社会問題にもなり、
総務省が問題視するようになりました。

維持費も高くなってきた

しかしながら現在では、携帯電話各社が
契約してからすぐには解約できないように
2年契約の違約金の他にも

端末購入をしてからすぐに端末購入をし直す機種変更や、一部プランやオプションサービスの廃止をすると、違約金が発生するようになり、
契約から解約までの維持費がかなりかかるようになっています。

維持費が高くなると、利益も少なくなっていくので
旨味が無くなってきて厳しくなりますよね。

契約も通りにくくなってきた

softbankはもう1年以上前から
大分総合的判断の基準が厳しくなってきており
殆どの携帯乞食の方は審査が通るのが困難でしたが

docomoも9月か10月より
審査基準をかなり厳しくなり
契約自体はできますが、端末の割引などの
各種割引が適用できなくなる
これもネットスラングですが「特価BL」というものが
出てきたので、契約しても利益が出ないので
契約を諦めざるをえない状況になっています。

その反面auは特に変わっていないのが
意外ですよね。
どうもスマートバリューが好調なので
解約率が少ないというのが、現場の話でありました。
あくまで噂ですが。

au はLTEフラットも外せなくなった

auは2015/11/16より
LTEフラットの解約ができなくなっております。
これによって、回線の維持費が
毎月割とスマートバリューが効いても
月々、3000円~4000円は高くなってしまっているので
契約から解約までの回線維持費がかなり高くなっています。

よって、利益も減って携帯古事記も厳しくなっているわけですね。

抜け道はあるにはあるが面倒に

LTEフラットを外すのには
抜け道の方法はあることはあります。

それは、3G端末をショップに持参していき
契約変更をすることです。

ショップに行くのも面倒ですし
回線数が多いのであれば、端末を用意したり
日にちがかかったりと結構な労力と手間がかかります。

そこまでして苦労すれば、携帯乞食を続けるのも面倒になり
廃業する人も増えてきていると聞きます。

キャッシュバックも厳しくなった

CB通報窓口が総務省に設置されました。
いわゆる、キャッシュバック警察というものです。

設置されたことにより、ショップは堂々と
高額キャッシュバックを掲示できなくなりました。

2月の惨状を見ると、明らかですよね。
キャッシュバックが減ると、利益も減りますし
隠れてCBがあるお店を探すのも、結構な苦労と手間がかかるようになっています。
これも携帯乞食終了の要因ですね。

他に良い錬金術を探すのが良いかもしれませんね。

店員にも変な顔をされる

携帯乞食をしていると、
どうしても、各キャリアショップに行くことだろうと思います。

手続きの内容が、大体変わった手続きである事が多く
イレギュラーな対応である事が多いので
ショップ店員は対応に手こずる事が多く
嫌な顔をされる事が多いですよね。
そういった対応を受けてくると精神的にも辛くなってきて、
携帯古事記を続けるのも、もう辞めたくなると思います。

2016/3/2:追記

委任状での受付も厳しくなり

自分の名義で転出して、転入して
完了すれば良いのですが、

やはり回線数が多くなってくると
MNP時に、名義が変わってくるとは思います。

その際に、委任状もしくは本人の来店が必要になりますよね。

委任状を書いてもらうのも、
記入が間違えていると、受付てくれない店舗が殆どで
書き直しの為に、また移動のガソリン代や電車代などの
経費がかかり、無駄な労力がかかってしまいますよね。

ケーコジ及びMNP長者ももう終了ではないでしょうか?

家族に頭を下げて付き合ってもらうのも面倒に

やはり、携帯乞食の皆さまは
ソロプレイヤーの方は少ないと思います。

家族の名義も使いまわして
何十回線もの契約をしていますよね。

現在は、家族を連れていって
申込書、いわゆるコミショを記入してもらう必要が
ありますよね。

その際、家族に頭を下げて付き合ってもらうので
其れなりのお礼を用意しないといけませんよね。
これで、審査が通らなかったら大変ですよね。

関連記事 スポンサードサイト

携帯乞食及び飛ばしのお客様も、もう面倒ではないでしょうか?

2016/3/3:追記

総務省ガイドラインでどんどん改悪に

有識者の北様や高市総務省大臣の是正により
どんどん改悪になっています。
特にdocomoの改悪が顕著ですよね。

悲報!ドコモ 4/28より家族まとめて割が減額に 改悪
4/28からということでまだ公式に発表がないのですが 何店かの店舗が気になるツイートを行っているので 紹介したいと思います。 ガセ...

端末価格がどんどん実質0円から遠のいていくのではないでしょうか?
auも値上げするとの噂もありますがどうなんでしょう?

ただ、ソフトバンクの営業員の方のお話しによりますと
何かしらキャンペーンを仕掛けてくるのはドコモからが
多いそうです。
ゴールデンウイークも近づいてきて何か仕掛けて来るか注目ですね。

2016/4/27:追記

手続きも店員によっては長時間に

手慣れたショップの店員さんなら
きちんとした知識できちんとした対応で
決まった書類を用意すれば、滞りなく手続きは終了するのですが
本当にこちらは選ぶことができませんよね。
こんな出来事がありました。

au スマートバリューの廃止に本人の来店が必要と言われた話 委任状手続きで大丈夫では?
本日、えぇ?!と思った話があったので紹介したいと思います。 関西の大阪の中心部にある携帯ショップでの出来事です。 au 対面対応はハズレ...

こういう事があると本当に嫌になりますよね。
開き直るのも疲れてきます。
携帯乞食も終了ではないでしょうか?

2016/4/28:追記

審査が全く通らないので時間と労力の無駄

先日、ソフトバンクに久々に契約できるか
試してみたのですが・・

カメラのキタムラさんが頑張っているsoftbank Xperia Z3 新規一括0円祭りに挑戦してみた。結果は?
ツイッターで見かけた久々に審査が通ったという報告での勝利宣言に感化されて カメラのキタムラさんに何店か問い合わせしてみて ソフトバンクの...

純新規なら少し審査は緩いとのことで、
ほんの僅かな希望を持っていたのですが残念でした。

店舗に行くのも時間はかかりますし
交通費もかかります。時間の無駄になってしまうと
テンションも下がりますよね。
中々審査も通らない上に、運用も面倒になった携帯乞食で利益を出すのも
難しくなって終了かもしれませんね。

2016/5/10:追記

iphoneの買取価格が大幅下落!?変動が激しくてストレスに

こちらが7月末のスマホやiphoneの買取価格比較サイトの
回覧さんのiphone6s の比較表です。

スクリーンショット (290)

こちらが8月に入ってのスマホやiphoneの買取価格比較サイトの
回覧さんのiphone6s の比較表です。

スクリーンショット (291)

どうでしょうか?NTTドコモ版とsoftbank版のiphone6sが
有名なお店でも、42000円となっており
かなりの下落となっているのが
よくわかると思います。

円高の影響もあるようですが
iphoneの人気が無くなってきて売り上げが落ちてきているのも
要因の一つのようです。
また、もう一つの噂ですがNTTドコモ版とsoftbank版のiphoneは
どうもSIMロック解除ができなくなっているそうなのです。

日本版ですと、日本国内しか使えないので
買取して中国などに輸出しようとしても
使えないなら価値がないわけですね。

いつか買取価格が上がるだろうと保持
いわゆるホールドや塩漬けするホールダーの携帯乞食の方には
かなりのショックでストレスになることでしょう。
これはもう携帯乞食も終了の要因かもしれませんね。

2016/8/4:追記

auのクーポンも減額されて更に厳格化に!?

携帯乞食の方といえば、やっぱりキャッシュバックを増額するために
活用するのは、クーポンでしょう。
一番、手っ取り早く手に入って増額させやすかったのは
auの JCOMやeo光などのクーポンだと思います。
更にスマートバリュー加入での増額もできていたのですが
現在、いわゆるスマートバリュー系のクーポンは厳格化が
なされており非常に面倒になっていると思います。

現在、auのスマートバリュー系のクーポンは以下の文言が加えられております。
「特典の対象となるauスマートバリューの固定通信サービスは、券面に記載されている会社に限ります。」
いかがでしょう。この文言により
eo光契約者の方が、JCOMクーポンを購入店舗に提示しても
翌々月20日前後のキャッシュバックは、2016/9/5現在ですと、
満額の10000円ではなく、5000円のみとなってしまうわけです。

以前は、15000円だったJCOMやeo光などのクーポンも
今や満額で10000円です。
MNPを繰り返して利益を出すことも、かなり厳しくなりましたよね。
これも携帯乞食終了の要因だと思われます。

2016/9/5:追記

スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です