今後発売される Xperia シリーズに6.44インチスマホ「Z Ultra」の復活を望む

この記事では、ソニーモバイルで発売されていた「Z Ultra」の魅力と要望を記事にしたいと思います。

はじめに

Xperia Zシリーズへの要望、それは個人的には、

「Ultra」の復活リクエストに集約されます。
少し前まででしたら、ソニーストアでSGP412JP/B・W、SGP412JP/Vがネット販売されていましたが、
ついに販売終了となってしまいました。

グローバルモデルのC6802とC6833についても、いまとなっては中古品ぐらいしか調達できない情勢です。
「Xperia Z Ultra」の登場は思えば衝撃的なものでした。

スマホとタブレットの中間に位置づけた、
いわゆる「ファブレット」をうたった製品の走りだったと思います。
日進月歩の激しいスマホの世界にあって、性能的にもはや色あせたものとなったと思われるものの、
可能であれば、中古製品であっても触手を伸ばしたくなる魅力が「Z-Ultra」にはあります。

「Z-Ultra」の持つ魅力としては、ざっと次のようなものがありました。

絶妙なサイズ

6.44インチというサイズは絶妙です。
日本人にとって最も適したサイズと言っても過言ではありません。

それは、胸ポケットにスッポリ収まるからというだけではありません。
じつは、これは新書の大きさに相当するサイズなのです。

それゆえ、電子書籍を読む人にとっては、Amazon製のタブレットよりも、ずっとUltraのほうがしっくりするはずです。
通勤電車でつり輪を片手に、一方の手で読書を楽しもうとしたら単行本ではなく
新書本がより適していたはずです。

Amazonのタブレットのサイズは非常に良くできています。

だがしかし、日本人にとっては不釣り合いなのです。
「片手に収まるタブレット」をうたうUltraに軍配があがるのではないでしょうか。

カメラ性能

Xperiaシリーズは全般的にカメラ性能において
他社製品の追随を許さないと言われています。

「Ultra」においても同様で、解像度自体は800万画素と低めながら、
1000万画素を超える他社製品よりも、より高品質な画像を残せました。

防水機能

世界最薄にして6.44インチの大画面、
そして212グラムと軽量・・・・・・と来れば、
欲張って浴槽につかりながらスマホを操作しよう
という気持ちになる人もいるのではないでしょうか。
その点、Ultraが防水防塵対応だったのは重宝します。

関連記事 スポンサードサイト

リーズナブルな価格

ソニーストアで設定されていた3万円程度という価格は大変吸引力のあるものでした。
携帯キャリアモデルでは、
auからSOL24 として発売されていました。
当初は不人気のようで
発売から間もなく、投げ売りが始まり
一括0円になっていたのをよく覚えております。

現在では、携帯買取店でも
高値で取引がされております。

新製品は6インチ止まり

ソニーは昨年夏、Xperiaスマートフォンの新製品として「Xperia C5 Ultra」を発表しました。6インチフルHDディスプレイ、ボーダーレスをうたう狭額縁デザイン、前面に1300万画素カメラを搭載するなど高機能ぶりをアピールしています。
しかし、一方で、6.44インチの「Z-Ultra」の復活を望むファンも少なくないのではないかと考えています。

Xperia C6 Ultra or Xperia X Ultra がリーク?!

フランスのNWEというサイトが
Xperia C6 Ultraを開発中の噂がでているようですね。

Xperia C6 Ultra もしくは Xperia X Ultraは6インチのフルHD画面を装備しているようです。
8つのコアを持つオクタコアのMediaTek Helio P10 MT6755プロセッサが
搭載されるようで、1.9GHzのクロ​​ックだそうですね。

RAMは2GBだそうで、2100万画素の20メガピクセルのカメラ
前面にLEDフラッシュの1600万画素の16メガピクセルのカメラが搭載されるようで
自撮りいわゆるセルフィーがはかどりそうですよね。

ストレージ容量は少なくとも16ギガバイトはあるそうですが、実際16GBだと物足りないですよね。
32GBはほしいものです。
microSDカードを使用して拡張することができますが、ROMは多いに越したことはないですよね。

予想されている寸法は高さ164.2 x 幅79.4 x 厚み8.4mmのようです。
今回も6.44インチの「Z-Ultra」の復活はもう期待薄のようですね。

2016/5/9:追記

Xperia XA Ultra 発表!

Sonymobileが正式に発表したようです。
Xシリーズとしての位置づけのようですね。
日本での発売は未定のようなのですが、発売してほしいところですね。
前面と背面にLEDフラッシュで、C6 Ultra or Xperia X Ultraとして噂されていた際の
2100万画素のメインカメラに、1600万画素のインカメラのようです。
どちらでも高画質の写真撮影ができるのが特徴的ですね。

グローバル版としては7月に発売するようです。
SOL24を発売していたauでの発売も切望したいところですね。

2016/5/19:追記

スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です