悲報!7/1よりMNPau購入サポートの提供条件改悪へ 噂通りで3G化・ガラホ化殺しの条件へ

2016年も7月に入って先月から噂になっていた
MNPau購入サポートの改悪の噂ですが
正式に発表があったので紹介したいと思います。

MNPau購入サポートとは?

MNP一括価格を非常に安く値引きする代わり
ある一定の期間の間に、適用条件以外の
契約条件を変更してしまうと、高額な違約金を設定する
要は条件縛りのことですね。

こういった縛りを設定することは、短期解約やキャリアにとって
利益の出ない運用をする契約者を少しでも減らそうとするキャリアの
努力と取れるので、致し方ないとは思いますね。

改悪した内容とは?

MNPau購入サポートに対象プランを設けており
対象料金プラン以外の料金プランへ変更した場合も
違約金が発生する内容となってしまいました。

ざっくり説明すると以前は

・どの料金プランへも変更可能だった
(3G化への「プランE」や「プランZ」、ガラホ化への「VKプランS」)
ということだったわけです。

対象プランである「スーパーカケホ」「カケホ」「LTEプラン」は
パケット定額サービスである、「LTEフラット」「データ定額」が
外せないので、維持費が多くかかってしまうというわけですね。
MNPを繰り返してキャッシュバックや端末の売却による買取価格で
利益を出していた、携帯乞食と言われる方には
非常に厳しい内容となってしまうわけですね。

抜け道は?MNPau購入サポート対象外の機種を買う

裏技というか正攻法で考えると
MNPau購入サポート対象ではない機種を買うのが
手っ取り早い方法でしょう。
ですが、MNPau購入サポートが適用されないとなると
高額な端末購入価格の値引きがないので
一括0円などの割安で買うことができなくなってしまっていますね。

余程の特価案件を探すしかないでしょう。
これはもう携帯乞食の方は大変なのではないでしょうか?

抜け道は?高額キャッシュバックを狙え

ソースの方を見ていると
MNPau購入サポートの条件を外れる変更や機種変更をした場合の
高額違約金ですが、最大20000円となっております。
20000円を払ってでも利益が出る特価案件を探してしまえば
携帯乞食としての利益を出すことができるというわけですね。

当サイトでも特価案件を紹介はしているのですが
利益を出す特価案件というのは中々難しい状況となっております。
これはもう、ふつうに携帯回線を利用している方より
MNP特価案件を狙って実質安く携帯回線を運用できていると
割り切って使っていくしかないかもしれませんね。

関連記事 スポンサードサイト

改悪と判断できるソースはこちら

長々と持論を展開させていただきましたが
auオンライショップでのMNPau購入サポートの適用条件を
確認すると、改悪の内容が確認できます。

参照元:
当ブログでも画像ファイルとして記載しておきますので
見づらいかもしれませんが、よろしければ参考にしてください。

スクリーンショット (220)

携帯乞食を引退するなら

格安MVNOを選択するのもよいのですが
やはり手厚いサービスを受けられる
Y!mobileもおすすめの一つです。

アウトレットセールも随時行っているので
掘り出し物の在庫も突然でてきますので
是非Y!mobileオンラインストアの利用もどうでしょうか?

Y!mobile オンラインストアにアウトレットスマホNexus5とAQUOS CRYSTAL Y402SH一括5000円で特価販売中
softbankグループであるワイモバイルのオンライショップである Y!mobileオンラインストアに、Nexus5とAQUOS CRYS...

今までの行いでY!mobileの審査が通らない方も多いと思います。
管理人も恐らくスパボNG野郎で審査が通らないブラックリスト野郎だと思います。
ブラックリストの方でもY!mobile これなら端末購入を伴わないので定価での契約も可能です。
携帯乞食を繰り返していたが、メイン回線の更新月が近くて
行き場に困っている方はいかがでしょうか?

初回投稿日:2016/7/1

スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です