NTTドコモ 2017年 新プラン「シンプルプラン」と「ウルトラシェアパック30」を発表! 内容は?提供時期は?月々サポートはどうなるの?

NTTドコモが2017年度に入って
新料金プランである
「シンプルプラン」と「ウルトラシェアパック30」を発表しました!
基本料金プランとデータ定額シェアパックの新容量ですね。

「シンプルプラン」の内容は音声通話し放題を省いて
音声通話の料金は従量制とした
シンプルなプランとなっております。

新しいプランは、毎月の料金を抑える事もでき
安部総理の意図を汲み取った良いプランではないでしょうか

「ウルトラシェアパック30」も
新しい容量プランでちょうど良い方も
多いと思われます。

docomoの新料金プランはどんな内容で
どんな条件かを紹介してみたいと思います。

スポンサードサイト

「シンプルプラン」とは

NTTドコモの報道発表資料によりますと
以下の通りです。

「シェアパック」をご契約で、家族通話を中心にご利用のお客さま向けの月額980円の基本プランです。

今までは基本料金プランは
音声通話料金定額でし放題の
2200円~2700円のカケホーダイプランと

5分以内の音声通話料金が無料でし放題の
1200円~1700円のカケホーダイライトプランが
用意されておりましたが

シェアパック内の家族間通話のみ
音声通話し放題で
それ以外は、従量制となる代わりに
毎月の基本使用料が
980円となるシンプルでわかりやすい
プランが登場したわけですね。

毎月の維持費も安くできるようになりますし
音声通話をあまりしないようにすれば
カケ放題プランよりもお得になりますので
契約者方次第のプランとなっておりますね。

「ウルトラシェアパック30」とは

こちらもNTTドコモの報道資料によりますと
以下の通りです。

動画等の大容量コンテンツのご利用でも、データ量を気にすることなく安心しておトクにご利用いただけるサービスです。特に「シェアパック15」をご利用のお客さまは月額1,000円追加でお支払いいただくと2倍のデータ量がご利用いただけます。

毎月30GBのパケットデータ通信量を
シェア(分け合う)パックのことで
月々が50GBや100GBだと多すぎて余ってしまう方や
15GB以下だと少なすぎる方には
朗報だと思えますね。

シェアパック価格表

パケットパック名称 毎月の
料金
税込価格 1GBあたり単価 税込価格
ウルトラシェアパック100(100GB) ¥25,000 ¥27,000 ¥250 ¥270
ウルトラシェアパック50(50GB) ¥16,000 ¥17,280 ¥320 ¥346
ウルトラシェアパック30(30GB) ¥13,500 ¥14,580 ¥450 ¥486
シェアパック15(標準)(15GB) ¥12,500 ¥13,500 ¥833 ¥900
シェアパック10(小容量)(10GB) ¥9,500 ¥10,260 ¥950 ¥1,026
シェアパック5(小容量)(5GB) ¥6,500 ¥7,020 ¥1,300 ¥1,404

格安スマホや格安simに失敗や後悔している方にも朗報!

昨今、MVNOの、いわゆる格安スマホや格安simと
呼ばれる携帯電話回線に乗り換える人も
多いと思います。

実店舗がある会社が少ないことで
困った時のサポートによる
問い合わせ窓口が電話やインターネットだけの
MVNO(格安スマホや格安sim)も
まだまだ多いと思われます。

そんなMVNO(格安スマホや格安sim)に
乗りかえて失敗したと思っている方や
後悔している方には、NTTドコモの
「シンプルプラン」は毎月の料金が
安くなったことで、カムバックしようと
思えるのではないでしょうか。

NTTドコモは全国津々浦々に
ドコモショップを構えておりますので
手厚いサポートが再度受けられるということで
おすすめですね。

「シンプルプラン」と「ウルトラシェアパック30」はいつから契約できるの?

一番気になる情報だと思います。
「シンプルプラン」と「ウルトラシェアパック30」
どちら共に2017年5月24日から
提供開始となっております。

提供開始ということなので
新規契約、MNP(乗り換え)の方は
2017年5月24日から即日契約可能

既存のNTTドコモ契約者の方
2017年5月24日から受付及び申し込み
可能ということなので
実際に運用や適用されるのは
2017年6月1日からだということです。

いかがだったでしょうか
今回の発表はかなり衝撃的だったと
思えます。

au、softbank(ソフトバンク)、Y!mobile(ワイモバイル)などの
ライバル携帯電話回線会社も
追随すると思われます。

もし、追随しなかったら
NTTドコモが非常に魅力的になるのではないでしょうか。

一昔前の旧プランとの比較を考察

2017/5/5:追記

新プランである「カケホーダイ&パケあえる」が
発表されてもう3年以上が経とうと
しておりますが

発表当時は値上げになると危惧されたわけですが
「シンプルプラン」と「ウルトラシェアパック30」が
発表されて、どうなるのでしょうか?

家族4人を「シンプルプラン」と「ウルトラシェアパック30」
の契約にしてシミュレーションして
ざっくりと表にしてみました。

また、旧プランである「タイプXi」と「パケホーダイ・ライト」
と「タイプXi」と「パケホーダイ・フラット」を
家族4人で契約した場合も
シミュレーションしております。

ウルトラシェアパック30
(2人目はシェアオプション)
1人当たりの月々のパケットデータ量(7.5GB)
お父様 お母様 お子様1 お子様2
基本使用料 ¥980 ¥980 ¥980 ¥980
パケット
定額料
¥13,500 ¥500 ¥500 ¥500
SPモード ¥300 ¥300 ¥300 ¥300
合計 ¥14,780 ¥1,780 ¥1,780 ¥1,780
税込価格 ¥15,962 ¥1,922 ¥1,922 ¥1,922
4人分合計 ¥21,730
一人当たり
の月額料金
¥5,432
旧プランのXiパケ・ホーダイ ライトの場合
1人当たりの月々のパケットデータ量(3GB)
お父様 お母様 お子様1 お子様2
基本使用料 ¥780 ¥780 ¥780 ¥780
パケット
定額料
¥4,700 ¥4,700 ¥4,700 ¥4,700
SPモード ¥300 ¥300 ¥300 ¥300
合計 ¥5,780 ¥5,780 ¥5,780 ¥5,780
税込価格 ¥6,242 ¥6,242 ¥6,242 ¥6,242
4人分合計 ¥24,970
一人当たり
の月額料金
¥6,242
旧プランのXiパケ・ホーダイ フラットの場合
1人当たりの月々のパケットデータ量(7GB)
お父様 お母様 お子様1 お子様2
基本使用料 ¥780 ¥780 ¥780 ¥780
パケット
定額料
¥5,700 ¥5,700 ¥5,700 ¥5,700
SPモード ¥300 ¥300 ¥300 ¥300
合計 ¥6,780 ¥6,780 ¥6,780 ¥6,780
税込価格 ¥7,322 ¥7,322 ¥7,322 ¥7,322
4人分合計 ¥29,290
一人当たり
の月額料金
¥7,322

いかがでしょうか?
「シンプルプラン」と「ウルトラシェアパック30」の方が
1人辺りの月額料金が5,432円となり

関連記事 スポンサードサイト

「タイプXi」と「パケホーダイ・ライト」が
1人辺りの月額料金が6,242円。

「タイプXi」と「パケホーダイ・フラット」が
1人辺りの月額料金が7,322円。

以上のことから
「シンプルプラン」と「ウルトラシェアパック30」が
1人当たりのデータ容量も月額料金も
安くなっていることが伺えますね。
遂に値下げとなったことが確認できるでしょう。

早く適用できるようにリリースしてほしいところですね。
予定では、2017年5月24日から受付開始で
新規契約者の方は、2017年5月24日からの即日適用、
既存のdocomo契約者の方は、2017年6月からの翌月適用と
なっております。

ドコモ 旧プランからの変更 注意点は?

2017年5月7日:追記

旧プランである「タイプXiにねん」や
「タイプSS」,「タイプS」,「タイプM」「タイプSS」,「タイプL」「タイプLL」などの
FOMAのプランからの
「シンプルプラン」に変更の際の注意点ですが、
申し込んだ月の1日からの利用に遡り適用が
可能なのです。

その際に、注意する点なのですが
「タイプXi/にねん」を契約している方に
「Xiトーク24(Xiカケホーダイ)」を
契約している方もおられると思います。

「Xiトーク24(Xiカケホーダイ)」での
通話分が月の1日からの利用に遡り適用に
なった際は、上限もなく利用した分だけ
かかってきて請求がされてしまうので
注意が必要です。

対処方法は、問い合わせしてみようと思います。

「即時変更での適用」「翌月予約での適用」どちらも選択可能?!

2017/5/9:追記

NTTドコモの問い合わせ窓口に
メールにて問い合わせをして
回答が来たのでお知らせしたいと思います。

私が問い合わせした内容は以下の通りです。

旧プランの「タイプXiにねん」からの
変更は月の1日からの利用に遡り適用と翌月からの適用を選択できますか?
「Xiトーク24」を契約している場合は
月の1日からの利用に遡り適用ですと
通話分が満額請求をなってしまうので
問い合わせさせていただきました。

回答は以下の通りです。

「タイプXiにねん」から「シンプルプラン」へ変更される場合、
原則、「翌月予約」でのお申込みとなります。

※翌月1日午前0:00からの適用となります。

なお、「即時変更」でのお申込みも可能ですが、
その場合、基本使用料を変更後の料金プランで再計算し、
直前の料金プランでの通話分もシンプルプランとして
従量課金で計算されます。

回答の内容から
即日に変更をしてもらう「即時変更」と

翌月から適用の予約をする「翌月予約」の
どちらかを選択可能のようです。

原則「即時変更」ということなので
こちらからや、オペレーターの方から
申し出や提案が無ければ「即時変更」と
なると思われますので

「翌月予約」を希望の方は
申し出をするのが賢明かと思われます。

朗報!月々サポートは変わらず

気になる方も多いと思います。
月々の維持費が変わってしまうという事で
対策と言っては悪い言い方かもしれませんが

その分、月々サポートが減額になったり
消失してしまったりと
懸念していた方や不安に思った方も
多いと思われます。

こちらもNTTドコモの問い合わせ窓口に
メールにて問い合わせをして
回答をいただけたので、紹介したいと思います。

私が問い合わせした内容は以下の通りです。

月々サポートですが
購入した際の月々サポートが、シェアパック5などに
変更した際、432円の減額となるようです。
「シンプルプラン」に変更した際は
どうなってしまいますか?
購入した時期による変動がある場合は、時期も明記していただけますでしょうか?

回答をいただけた内容は以下の通りです。

シンプルプランは、「月々サポート」の適用条件に含まれる
料金プランですので、本プランへの変更後も、
ひきつづき月々サポートは適用されます。

なお、「シェアパック5」「データSパック」を契約された場合、
ご契約状況によって、月々サポートの適用額が400円(税抜)
減額となる場合がございますが、シンプルプランへ変更することで、
適用額が減額となることはございません。

NTTドコモのオペレーターの方の回答を
踏まえて判断させて頂きますと
データ定額パックの変更をした場合は
月々サポートの適用額が減額となる場合があり

基本料金プランの変更は
月々サポートの適用額が減額と
ならないと判断ができますね。

これは音声通話はあまり使用しなくて
LINEなどのSNSサービスにて
通話サービスを利用しているので
事足りる方や月々の維持費を抑えたい方には
嬉しい情報ですよね。

またまた気になったのは、
「シンプルプラン」と「ウルトラシェアパック30」への
変更は、インターネットで手続きができる
mydocomo(マイドコモ)で申し込み可能なのかも
気になります。
こちらも問い合わせしてみたいと思います。

シンプルプランはmy docomo(マイドコモ)・お電話・ドコモショップのいづれかでも申し込み可能!

2017/5/17:追記

NTTドコモのサポートにメールにて
問い合わせしたところ、返答をいただきましたので
以下の通り、紹介したいと思います。

お問い合わせいただきました「シンプルプラン」の件について、ご回答申し上げます。

「シンプルプラン」は、2017年5月24日から受付開始となり、My docomo・お電話・ドコモショップでお申込みいただけます。

※料金プランを変更する場合、ご契約内容などによっては、お電話(郵送)またはドコモショップでのお手続きとなります。

上記の回答内容を確認すると
ご契約内容によっては151に電話して
申込書を郵送してもらい、記入後手続き開始となるか
ドコモショップでの手続きとなりますが

基本的には、My docomo・お電話・ドコモショップでも
手続きが可能だということが、確認できます。

結構、料金プランの変更やシェアパックの変更などは
インターネットで自分のペースで行える
My docomoでの手続きが可能なのはありがたいことだと思います。

ご契約内容によってはという点が気になるので
再度問い合わせしてみたいとは思います。

また、何か情報が入ったり
気付いた点がありましたら
追記や修正などをして更新して
お知らせしたいと思います。

PR 予約と購入は公式オンラインショップで!

今回紹介した
新料金プランや新データ定額パックである
「シンプルプラン」と「ウルトラシェアパック30」
を知ってNTTドコモを契約しようと検討しており、

NTTドコモの携帯電話・iphone・スマートフォン端末を
安心・安全に購入するならば、
やはり頭金や有料コンテンツの加入が
必要のない公式オンラインショップである
ドコモオンラインショップでの注文がおススメです。

MNP(乗り換え)契約って結構時間が
かかりますよね。
ドコモショップや家電量販店などの
順番待ちや、いざ契約した際の
申し込みや審査などに時間がかかると思います。

ドコモオンラインショップならば
順番待ちは一切なく、ご自分のペースで申し込みすることが
できて非常に時間が短縮できると思います。

公式オンラインショップである、ドコモオンラインショップでの購入を検討してみてはいかがでしょうか?

初回投稿日:2017/04/27

スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です