softbank のりかえ下取りプログラム タダで機種変更キャンペーン タブレット下取り割を考察 下取り額は?特典は?

softbank(ソフトバンク)が行っております
下取りキャンペーン施策である、
のりかえ下取りプログラム、タダで機種変更キャンペーンの
内容や注意点などを今更ながら考察して紹介いきたいと思います。

スポンサードサイト

のりかえ下取りプログラムとは

どんなキャンペーンなのかというと、公式サイトを抜粋していくと

のりかえ(MNP)で iPhone、スマートフォン、ケータイをご購入いただいたお客さまを対象に、それまでご利用されていた機種を下取りし、下取り対象機種に応じて割引などの特典を付与いたします。

要は、他社からのMNP(乗り換え)時に、利用していたもしくは以前利用していたなどの
所持していて、要らなくなった端末を下取りしてくれるサービスのことですね。

MNP時のみの下取りキャンペーンというわけです。

下取り額は?

公式サイトによりますと、2016/7/28以降の下取り額一覧です。

スクリーンショット (311)

タダで機種変更キャンペーンとは

どんなキャンペーンなのかというと、こちらも公式サイトを抜粋していくと

機種変更で当社指定の機種(以下、指定機種)を購入したお客さまを対象に、それまでご利用されていた機種を当社が下取りし、下取り機種に応じて割引などの特典を付与いたします。

要は、機種変更をした際に、softbankで不要になった端末を下取りしてくれる
下取りキャンペーンというわけですね。

尚、ドコモの下取りプログラムのように

docomo 下取りプログラムとは?内容を考察 機種変更時 他社端末は下取り可能?
NTTドコモが行っております 「下取りプログラム」について考察したいと思います。 下取り額がお得な端末や他社端末が下取り可能なのかなど ...

他社端末の下取りは行っていないようです。
残念なことですよね。

下取り額は?

公式サイトによると、2016/7/28以降の下取り額です。

スクリーンショット (310)

特典は?

特典1 通信料金から割引(24回の分割割引)
特典2 ソフトバンクカードチ ャージ(割引特典の総額相当のプリペイドバリューを一括で付与)
特典3 商品券・ポイントなど(割引特典の総額相当)※1
※1 特典3に関しては一部実施していない店舗があります。詳細はソフトバンク取扱店にお問い合わせください。また、オンラインショップでご加入の場合は選択することができません(特典1が自動適用となります)。

特典3を実施している店舗には、いまだにお目にかかったことがありません。
もしお目にかかった方がいらっしゃれば、お知らせしてほしいです。

なお、殆どの方が特典1の通信料金から割引を選択しているようです。

2016年9月より特典4が追加

いつの間にか、「のりかえ下取りプログラム」「タダで機種変更キャンペーン」
どちらも特典4が追加されております。

特典4とは 分割支払金からの割引(24回の分割割引)
のようです。指定機種との購入と同時に店頭査定での下取りをする必要があるようです。

特典4なら、分割支払い中にsoftbankとの契約を解約した場合も
分割購入から分割割引してくださるのでしょうか?
気になるところです。
ただ、特典4を選択できるソフトバンク取扱店は、少ないようですね。
ソフトバンクオンラインショップでも取り扱っていないようです。

特典3を行っている店舗が判明!?

2016/10/6:追記

コメント情報ということで、私自身が見つけたわけでないのが
お恥ずかしいお話なのですが、
特典3の商品券・ポイントなど の中で
商品券を選択できる店舗がありましたので紹介をしたいと思います
コメント内容は以下の通りです。

特典3実施店舗 ソフトバンク水道筋
商品券はJCBで、千円未満の端数切り捨て

ソフトバンク水道筋とは
関東と思いきや兵庫県にある
softbank(ソフトバンク)ショップのようですね。

所在地: 〒657-0831 兵庫県神戸市灘区 水道筋4丁目1‐15
電話: 078-882-6888
営業時間: 10時00分~20時00分

神戸市灘区とは結構都会のようですね。

王子公園駅からも近いようですし
神戸市立王子動物園も近くにあるようですので
観光がてら特典3のJCB商品券を選択肢に行くのも面白いかもしれませんね。

改めましてコメントによる、情報提供いただきありがとうございました。

特典2のソフトバンクカードチャージを選択するとチャージ日は?

Tポイントの時よりかなり遅くなっております。
管理人が経験したのは、
6月下旬購入分で
7月中旬にソフトバンクショップにて下取り持ち込み
8月20日に下取り額をソフトバンクカードにチャージとなりました。

Tポイントの時は、下取りしてから翌月頭くらいには
付与されていた記憶があります。
残念なことですよね。

いかがだったでしょうか?
また何か気がついた点がありましたら追記していきたいと思います。

破損品や水没品は下取りしてくれるの?

2016/8/27:追記

「のりかえ下取りプログラム」、「タダで機種変更キャンペーン」
共に、2016/8/27現在以下の基準で下取りを行っているようです。

スクリーンショット (317)

以前、記載があった画面破損品は下取り可能となっております。
こちらの記事で紹介をしておりますが
2016/4/28より下取り基準が緩和されたようです。
ありがたいことですよね。

朗報!softbankも画面割れ下取り端末も条件緩和!満額買取可能に!下取り価格は?
他社への対抗が上手なソフトバンクがまたやってくれたようです。 今回はauの下取りプログラムの条件緩和に対する対抗で、画面割れもOKになった...

要は電源が入りスリープボタンが効いて、初期化ができてアクティベーションロックが
かかっていなければ、下取りは可能のようです。
水没品も記載はありませんので、上記のような状態であれば
下取りは可能でしょう。

責任はとれなくて申し訳ないのですが、水没シールの反応や水滴が液晶内に確認できても
下取りしてくれる可能性がありますね。

以前管理人が店頭下取りを試した際は、
ソフトバンクショップ店員が、受付完了さえすれば
下取りは可能で、返却されることはない感じでした。

こればかりは、試してみないとわからないことなので
もし下取りができたらお知らせくださるとありがたいです。

9月に入って下取り額も内容も変わらず

2016/9/4:追記
「のりかえ下取りプログラム」も「タダで機種変更キャンペーン」も
2016/9/4現在ですと、2016/7/28に発表した下取り額のままのようです。

内容の方も特に変化はありませんので
画面破損端末などは、変わらず下取り可能のようです。
ありがたいことですよね。

softbankの両施策である「のりかえ下取りプログラム」も「タダで機種変更キャンペーン」は
NTTドコモやauとは違って、期間を設けていないので
突然、下取り額などの内容が変わる可能性があります。

気づき次第、紹介をしていきたいと思いますので
よろしければ、定期的に訪問していただけると幸いです。

iphone7/plus 発表により下取り額が増減?!

appleの人気スマホである、iphone7/plusを
待ちに待った発表をしてくださりましたが

その影響を受けて、au docomo共に下取り施策の変更を2016/9/9より
行っております。softbankも例外ではなく変更を行っているので
紹介をしたいと思います。

2016/9/9からの「のりかえ下取りプログラム」の下取り額
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-333

2016/9/8以前の下取り額との変更額は
iphone6s plus 26400円 追加
iphone6s 24000円 追加
iphone6 plus 27000円→21600円
iphone6 24840円→21600円
iphone5s 21600円のまま変更なし
iphone5C 16080円→7200円
iphone5 5400円→4800円
iphone4s 3240円→2400円

その他Androidスマホ 10800円→9600円
ケータイ・PHS 10800円→9600円

以上のような感じです。
どういった基準での下取り額算定方法なのかわかりかねますが
何か算定方法に変更があったような感じで、軒並み減額なのが残念なところですよね。
正に、改悪の悲報となっております。

2016/9/9からの 「タダで機種変更キャンペーン」の下取り額
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-332

2016/9/8以前の下取り額との変更額は
iphone6s plus 36000円 追加
iphone6s 33600円 追加
iphone6 plus 35640円→26400円
iphone6 32400円→26400円
iphone5s 25800円→26400円
iphone5C 10800円→12000円
iphone5 12000円のまま変更なし
iphone4s 6000円→7200円
iphone4、iphone3GS/3G 2400円のまま変更なし
スマートフォン 10800円→9600円
ケータイ 5400円→4800円
その他機種 2400円のまま変更なし

以上のような感じです。
「タダで機種変更キャンペーン」の方も算定方法に変更があったのか
下取り額に変更がありますが、端末によっては増額もあり
悲喜交々な変更となっております。

また、機種変更の下取り額の方が、MNP(乗り換え)の下取り額より
下取り額が多いのが、softbankユーザーの機種変更が多いのか
他社への流入を抑えるためなのか、気になるところですが
悪くない施策だと思います。

タブレット下取り割とは 下取り額は?

公式ページによると以下の通りです。

当社指定の機種(以下、指定機種)を購入したお客さまを対象に、それまでご利用されていた機種を当社が下取りし、下取り対象機種に応じて割引などの特典を付与します。

なお、下取り額は以下の通りです。

スクリーンショット (539)

9月30日から微妙に「のりかえ下取りプログラム」下取り額が変更!?

2016/10/1:追記

「のりかえ下取りプログラム」の下取り額一覧ですが
てっきり10月1日から変更になるかと思いきや
突然2016/9/30から変更になっております。

変更後は以下の通りです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-358

要は
他社Androidスマホ一部機種以外が 9600円→10800円
他社ガラケー 9600円→10800円
と増額が入っているわけですね。
下取り額の増額によりiPhone7 32GBの
実質負担額が0円で購入できるようになったわけです。
購入を検討してみても良いかもしれませんね。

11月に入って変更は?

2016/11/5:追記

2016年の11月に入って今年2016年も残すところ11月と12月と
2ヵ月になったわけですが、softbank(ソフトバンク)の下取り施策である
「下取りプログラム」「タダで機種変更キャンペーン」の
下取り額はどうなったのでしょうか?

両公式サイトを見てみましたが下取り額には
変更はないようですが、気になる文面が追記されております。

11/16よりiphone5sの下取り額が減額へ?!

どんな文面が追記されていたかというと
「下取りプログラム」は以下の通りです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-357

「タダで機種変更キャンペーン」の方には以下の通りです。
%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-362

いかがだったでしょうか?
要は「下取りプログラム」のiphone5sが
21600円→16800円

「タダで機種変更キャンペーン」のiphone5sは
26400円→21600円

とそれぞれ2016年11月16日から減額の変更が入る事を予告しております。
非常に残念なことですよね。
まだiphone7/plusの人気も落ち着いてないですし
人気のAndroidスマホである、Xperia xz が発売されるというのに
残念なニュースだと思います。
これも総務省のガイドラインによる指導なのでしょうか?
悔しいですが辛抱するしかないでしょう。

11/16が過ぎて・・

2016/11/20追記

予定通り「下取りプログラム」「タダで機種変更キャンペーン」
の下取り額が更新されております。
以下の通りです。

「下取りプログラム」

関連記事 スポンサードサイト

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-376

「タダで機種変更キャンペーン」

%e3%82%b9%e3%82%af%e3%83%aa%e3%83%bc%e3%83%b3%e3%82%b7%e3%83%a7%e3%83%83%e3%83%88-377

告知通りの下取り額に変更されておりますね。
残念なことですよね。

2017/2/1より下取り額が減額

2017年2月1日より下取り額に
変更がなされております。

「のりかえ下取りプログラム」

スクリーンショット (538)

「タダで機種変更キャンペーン」
スクリーンショット (533)

iphone5sの下取りが
MNP(乗り換え)、機種変更共に
16800円に減額されております。

残念なことですが、あきらめるしかないでしょう。

2017/3/25からの下取り額が発表!変更点は?

「のりかえ下取りプログラム」

スクリーンショット (536)

「タダで機種変更キャンペーン」
スクリーンショット (535)

乗り換え時も、機種変更時も
iphoneSEの下取り額が追加されております。
新しく32GBと128GBが発売されたからでしょう。

なお、「タブレット下取り割」の下取り額は
変更がないようです。

2017/6/1から機種変更の下取り額及び内容が変更

2017年6月1日より
機種変更時の、下取りキャンペーンである
「タダで機種変更キャンペーン」
の下取り額と内容が変更しております。

「タダで機種変更キャンペーン」
スクリーンショット (644)

何やら、特典B
(プリペイドバリュー チャージ)
なるものが追加されております。

要はsoftbank(ソフトバンク)の
プリベイトカードである、
ソフトバンクカードに
それぞれの下取り端末の額面が
チャージされるようです。

見る限り、全ての機種が合計額で
考えると、増額と見ることができます。
中々面白い試みですね。」

2017/7/4 から下取り額が変更?!変更点は?

2017/7/24:追記

ほぼ1ヶ月経ってしまい
今更感が漂う更新となり申し訳ないのですが
softbank(ソフトバンク)の下取りキャンペーンである
「のりかえ下取りプログラム」
「タダで機種変更キャンペーン」の
下取り額が変更となっております。

「のりかえ下取りプログラム」の変更点

先ずは、下取り額一覧を確認してみましょう。

「のりかえ下取りプログラム」
スクリーンショット (641)

iphone5sが
16800円→12000円

従来型携帯(ケータイ)・PHSが
10800円→4800円

となっております。

どちらも減額となっておりますね。
ガラケー、フィーチャーフォンが
4800円となったのは、辛いところではないでしょうか。

「タダで機種変更キャンペーン」の変更点

同じく下取り額一覧を見てみましょう。

「タダで機種変更キャンペーン」
スクリーンショット (643)

iphone5sが
12000円 → 9600円となり
残念ながら減額となっております。
悲しい事ですが諦めるしかないですね。

2017/9/1からの下取り額は?iphone7/plusシリーズが追加!

2017/9/7:追記

2017年9月に入って
softbank(ソフトバンク)の下取り施策に
変更はあったのでしょうか?
先ず、機種変更用の下取り施策の名称が
「タダで機種変更キャンペーン」から
「下取りプログラム(機種変更)」に
変更となっております。

下取り額は以下の通りです。

「のりかえ下取りプログラム」

他社(au、NTTドコモ)のiphone
スクリーンショット (694)

他社のAndroidスマホ、ガラケー、PHS
スクリーンショット (695)

前回と変わらずの下取り額となっております。
しばらくはこのままで推移していくのでは、ないでしょうか。

「下取りプログラム(機種変更)」

iphoneシリーズの下取り額
スクリーンショット (691)

iphone7/plusシリーズが下取り対象機種となっております。
下取り額面もiphone7が35400円
iphone7 plus が40200円と
高額で更にプリペイドバリュー チャージが
付くので、4万超えの下取り額となり
非常にありがたいことです。

Androidスマホ、ガラケーの下取り額
スクリーンショット (693)

※3 AQUOS R、AQUOS ea、AQUOS Xx3 mini、AQUOS Xx3、AQUOS Xx2 mini、AQUOS Xx2、AQUOS CRYSTAL 2、AQUOS Xx、AQUOS CRYSTAL X、AQUOS CRYSTAL、AQUOS Xx 304SH、AQUOS PHONE Xx mini 303SH、AQUOS PHONE Xx 206SH、AQUOS PHONE Xx 302SH、ARROWS A 301F、STAR WARS mobile、DIGNO G、DIGNO F、DIGNO U、シンプルスマホ3、シンプルスマホ2、X06HT、X06HTⅡ、001HT、001DL、101DL

一方、Androidスマホの方は
Xperia™ XZs/XZ/X Performance
と発売して1年未満くらいの機種でも
4800円の下取り額とかなり渋い状況です。

5000円のプリペイドバリュー チャージが
ついても、1万を切るのは残念な下取り額と言えるでしょう。
iphone優遇としか思えませんね。

2017/9/19からの下取り額が変更に

2017/10/5:追記

今更の追記で申し訳無いのですが
2017年9月19日より下取りプログラムの
下取り額が変更になっております。

「のりかえ下取りプログラム」

他社(au、NTTドコモ)のiphone
スクリーンショット (743)

iphone7 plusが30000円→29040円に減額
iphone7が25200円→29040円に増額
iphone6s plus が26400円→29040円に増額
iphone6sが24000円→17280円に減額
iphone6 plusが21600円→17280円に減額
iphone6が21600円→17280円に減額
iphone SEが16800円→10800円に減額
iphone5sが12000円→7200円に減額
iphone5Cが7200円→4800円に減額
iphone5が4800円→2400円に減額

と、iphone7とiphone6s plus以外は減額となっており
悲喜こもごもの結果となっておりますね。

他社のAndroidスマホ、ガラケー、PHS
スクリーンショット (744)

「下取りプログラム(機種変更)」

iphoneシリーズの下取り額
スクリーンショット (745)

iphone7 plusが40200円→36000円に減額
iphone7が35400円→30840円に減額
iphone6s plus が31200円→24240円に増額
iphone6sが28800円→12480円に減額
iphone6 plusが21600円→12480円に減額
iphone6が21600円→12480円に減額
iphone SEが14400円→9600円に減額

と散々な変更となっておりますね。

Androidスマホ、ガラケーの下取り額
スクリーンショット (747)

※3 AQUOS R、AQUOS ea、AQUOS Xx3 mini、AQUOS Xx3、AQUOS Xx2 mini、AQUOS Xx2、AQUOS CRYSTAL 2、AQUOS Xx、AQUOS CRYSTAL X、AQUOS CRYSTAL、AQUOS Xx 304SH、AQUOS PHONE Xx mini 303SH、AQUOS PHONE Xx 206SH、AQUOS PHONE Xx 302SH、ARROWS A 301F、STAR WARS mobile、DIGNO G、DIGNO F、DIGNO U、シンプルスマホ3、シンプルスマホ2、X06HT、X06HTⅡ、001HT、001DL、101DL

折角のiphone8 / 8 plusの販売ムードに
水を差す減額となっているのが
残念で仕方ないですね。
iphone Xの販売の際は減額は無しでお願いしたいところです。

また何か変更や動きがあればお知らせしたいと思います。

PR 携帯電話会社の公式オンラインショップはこちらです。
ドコモオンラインショップ

au Online Shop

ソフトバンクオンラインショップ

Y!mobileオンラインストア

初回投稿日:2016/8/21

参照元:softbanksoftbank

スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク
スポンサードサイト

『softbank のりかえ下取りプログラム タダで機種変更キャンペーン タブレット下取り割を考察 下取り額は?特典は?』へのコメント

  1. 名前:情報提供者 投稿日:2016/10/06(木) 20:11:54 ID:daf54625a 返信

    特典3実施店舗 ソフトバンク水道筋
    商品券はJCBで、千円未満の端数切り捨て

    • 名前:携帯ナビゲーター野郎 投稿日:2016/10/06(木) 23:50:58 ID:7662693a8 返信

      コメントありがとうございます。
      非常に貴重な情報ありがとうございます。

      記事の追記させていただきます。ありがとうございました。

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です