TONEモバイルについてのレビュー、感想、選んだ理由、通信速度は?

TONEモバイルを実際に利用している方にお話しを聞く事ができたので
レビュー記事を作っていきたいと思います。

はじめに

知人は、以前はソフトバンクのiPhoneを使っていましたが、毎月の通信費用を節約するためにTONEモバイルへMNPで乗り換えをしました。
以前は毎月の通信費用が8000円以上かかっていたのですが、
TONEモバイルに乗り換えをしたことによって2600円まで下げることができて満足しています。

そんな知人がTONEモバイルの格安SIMを選んだ理由や契約までの流れ、
実際に乗り換えて使ってみての感想などをレビューしたいと思います。

TONEモバイルを選んだ理由

TSUTAYAが行っている通信サービスということで信頼できると思いましたし、
毎月の通信費用支払いでTポイントが貯まっていくというのがかなり魅力的に感じました。

また格安SIMはインターネットで申し込みと契約をするのが一般的ですが、
TONEモバイルは日本中になる直営店やTSUTAYAで契約申し込みができたり
アフターサービスを受けることができるというので、
普通の携帯電話会社と同じように感じで使えると思ったのが、選んだ一番の理由です。

契約の流れについて

最初にTONEモバイルの公式サイトで乗り換えて続きに必要なものについて調べて、
MNPの番号も発行してもらい、いざ最寄りにあるTONEモバイルの直営店に行きました。

関連記事 スポンサードサイト

事前に準備をした甲斐もあって特に時間がかかることなく
スムーズに乗り換え手続きはできましたし、やっぱり店頭で手続きができると安心できると思いました。
特に難しいところもなくソフトバンクのショップ窓口で手続きをするのと変わらない感じで乗り換えができました。

契約内容について

月額使用料が1000円の基本プランにオプションで090の電話番号を使って
電話ができる機能をつけてもらいました。

オプション料金は毎月約1000円の支払いということでした。
基本使用料が1000円でオプションも1000円というのはやや高いと感じましたし、
他のMVNOの音声通話オプションは700円くらいであることを考えると
もう少し安くして欲しかったです。

オプション料金に高さについては不満があります。

実際に使ってみて通信速度は?

LTE通信はできませんが、データ通信量は無制限に使うことができますし、
速度は3Mbps前後の速度が安定して出ているのであまり不自由はなく使えています。

私は元々ヤフージャパンアプリとLINEくらいしか使っていなかったので、
ストレスは感じませんでしたが、
LTE通信を使いたいという人には不向きかもしれません。

まとめ

TONEモバイルは万人向きではありませんが、
スマホのライトユーザーや初めて格安SIMを使うという人には優しい、
初心者向けの格安SIMだと感じました。

スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト
スポンサードサイト

・このエントリをSNS共有/RSS登録 お役に立たればシェアして頂けると光栄です

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
スポンサードリンク             スポンサードリンク
スポンサードサイト

コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です